留学大図鑑

Godai

出身・在学高校:
土佐塾高等学校
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

質問・連絡等あればツイッターのDMでどうぞ!

都市を学ぶ語学留学!!

留学テーマ・分野:
短期留学(3か月以内、語学・ボランティアなど各種研修含む)・語学留学
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ELS Language Centers Portland
  • アメリカ合衆国
  • ポートランド
留学期間:
2週間
総費用:
450,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 360,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル<英検準2級 TOEIC430点> 挨拶など基本的な会話ができるレベル

留学内容

私の留学テーマは「世界の人びとと共生するコンパクトシティーを日本に創る」です。
私の将来の夢は都市プランナー(街づくりする職)になることです。
私はその夢に即して、留学の内容を設定しました。その内容は、ポートランドのフィールドワークを通じて、都市の本質を知るというものでした。実際にポートランドへ行った時に、その都市プランナーになるという夢を叶えるために、今回の留学を通じて都市計画に関する様々な知識を得るであろうと思って日本をトビタチました。
私はアメリカ・ポートランドで都市計画を仕事にしている日本人の方に、留学前からコンタクトを図っており、ついに留学中にその方とコンタクトがとました。その際に、Creative Business Workshopなるものがあると聞き参加を決心しました。そのWorkshopの内容はポートランドの4つ小さな会社を訪問し、その会社の本質を探るというものでした。他の参加者の方は社会人の方ですでに日本で都市計画の分野で活躍している方の中で私は意見する機会を得ることができました。このような体験を通じてビジネスの視点を持った学際的な都市プランナーになることができるのではないかと考えました。
このように私の留学は、留学前に描いていたものとは違い、未知の体験、自分自身のステップアップをすることができたと思います。

留学の動機

私の将来の夢は都市プランナーになることであり、これを達成するには日本の都市だけではなく、世界の様々な都市に行きたいと思い留学を志しました。
私はトビタテ!留学JAPAN高校生コースの2期も受けて落ちたので3期では絶対に受かってやるという気持ちで挑みました。

成果

私が高知県に住んでいるということもあり、高知県の良さを広めるために名産品であるゆず製品を留学中に語学学校に持ち込み、世界の人びとへと広めました。渡した人に気に入ってもらえたので、高知県の良さを広められたのではないかと思います。

ついた力

挑戦力

今回の留学を通じて挑戦することの大切さがわかりました。「トビタテ」に挑戦することで得るものがあったし、語学学校で他国の人に話しかける挑戦もあったので、私は挑戦力が付いたと思います。

今後の展望

今後は都市計画が学べる大学に進学し、今回の留学で得られた知識を活用してより深く都市について学びたいと考えています。
留学に行く前までは、海外の大学に行くなんて有り得ないと思っていましたが、今回の留学を通して海外の大学に進学するのもアリじゃないかと思うようになりました。

留学スケジュール

2017年
8月?
2017年
8月

アメリカ合衆国(ポートランド)

私はアメリカオレゴン州ポートランドのコンコーディアユニバーシティ内にある語学学校に平日通いました。午前中のみの授業で午後は遊びに行ったり、都市に関するフィールドワークを行いました。
ホームステイ先は学校から歩いて5分という好立地でした。ホストファミリーは年配の夫婦の方でした。
休みの期間を利用してポートランドの北にあるシアトルに小旅行に2日間友達と行きました。ポートランドよりも大きな都市で魅力的でした。シアトルの有名観光地のパイクプレイスマーケットに行ったり某有名コーヒー店の第1号店に行ったりしました。夕食はサンセットが綺麗に見えるところで食べました!
正直ポートランドより小旅行で行ったシアトルの方が印象的な気がします。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ポートランドのパイオニアスクエア
夕食を食べたところ
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

笑いあり、涙あり!留学中にあった、すごいエピソード

ある日ホストマザーに「公園で映画あるから見に行かない??」と言われました。(ポートランドでは毎週どこかの公園で映画が放映されています。)その日の夜私は渋々、公園についていきました。そして半分ほどみたところで寒いから帰ろうと言われ、帰りました。

ここまではいいんですが、その次の日、「昨日のリベンジだ!!」とホストマザーがいいました。今度はちゃんとした映画館で見るというので夜に一緒に見に行きました。映画館につきチケットを買おうとしたところ、ソールドアウトということで他の映画館へ移動。次の映画館へ行ったがそこでもソールドアウト。この時すでに夜の9時で9時からの映画がソールドアウトだったので次の回の映画を見るとしたら、11時から映画を見ることになります。もしその映画を見たら家に帰れるのは2時だし明日学校あるからそれは勘弁だと思っていました。しかしホストマザーとホストファザーがなんやら話していDo you want to see❓と聞かれ、私はI want to sleep.と眠いながらいいました。すると、ホストファミリーがチケット売り場へ行きチケットを買いました。まさかなー?と思っていたらご親切に11時からチケットを僕の分まで買っていたのです。結局眠たいながら映画を見ました。
この出来事で伝えることははっきり伝えなくてはいけないと思うようになりました。

公園での映画

恐れないで挑戦❗️

  • 語学力 : 英語

私は留学に行く前はこんな自分の英語力の低さで外国に留学に行けるのかと思っていました。でもいざその環境に入ってしまえばどうにかなります。そしてその環境に入り様々な経験を積むことで自分自身をステップアップできます。しかし、、その環境に入ることを躊躇してしまえば、自分を変えることはできないのです。まず、その環境に入ることで初めて英語力の上達出会ったり面白い体験ができると思います。トビタテ!

留学前にやっておけばよかったこと

アメリカに行って日本の良さ日本の伝統を教えた時に自分では答えが出せないような質問を受けました。日本人のくせに日本のことを全然知らないじゃないかと実感しました。だから、留学前には日本のことを深く勉強するべきだと思いました。

留学を勧める・勧めない理由

私は留学を勧めます。
なぜなら、将来日本ではグローバルな国になると思います。そのような世界に適応する人材になるために積極的に海外にでて異文化を学び、語学を習得し、自分自身がグローバルな人材になることが必要となると思います。このような人材になるためには留学は有効な手段だと思います。
私はまだこのような人材にはなっていないですが、今回の留学を通じて少し近づくことができました。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学を楽しんでください!試練や失敗もあると思うけど頑張ってください。その先には新しい自分が待っています‼️