留学大図鑑

うめ

出身・在学高校:
高知県立高知追手前高等学校
出身・在学校:
岡山大学
出身・在学学部学科:
文学部人文学科
在籍企業・組織:

オーガニックをライフスタイルに

留学テーマ・分野:
海外ボランティア
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • WWOOF
  • オーストラリア・イタリア
留学期間:
12カ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,800,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

「 オーガニック」をライフスタイルとして捉え、それを日本の地方創生につなげるべく、「オーガニック」先進国といえるイタリアとオーストラリアに半年ずつ留学しました。
滞在先は計10軒、有機農家とコミュニティビレッジにてボランティアとフィールドワーク(文化人類学的手法による参与観察等)を行いました。

留学の動機

海外に行ったことのなかった私にとって、「外国人」とは自分とはかけ離れた存在のように思うと同時に、より人間らしい生き方をしていると感じていました。 大学生になり、イタリアへ短期旅行へ行った際、現地の豊かなコミュニケーションの場を目の当たりにし、「この人達の生活を知りたい!」と思ったことが一番の動機となりました。

成果

それぞれの農家の経営手法や課題点を学ぶと共に、 2国のオーガニック製品の一般への浸透の高さを知ることができた。
留学中とその後、フィールドワークで得た調査結果をレポートにまとめ、研究室で発表を行った。

ついた力

度胸と会話力

外国語での会話力、そして物怖じしない度胸でしょうか。
また、自分の意思表示をしっかりするイタリアと、多様性を認め合うオーストラリアの国民性から、自分をより素直に表現できるようになったと感じます。

今後の展望

有機農業、オーガニックな生活を地域単位で展開させていくことが、高齢者や過疎の進む中山間地域を回復させる鍵となると考えています。 日本にオーガニックが浸透するよう、情報発信・行動していきたいと思います。

留学スケジュール

2016年
9月〜
2016年
11月

イタリア(イタリア南部)

有機農家3軒に住み込みで滞在し、有機農業技術や経営方法を学んだ。
また、参与観察やインタビューを通して、そのライフスタイルを調査した。
さらに地元の高校を訪問する機会に恵まれ、高校生に日本の文化を紹介することができた。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

収穫した野菜
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2016年
12月〜
2017年
5月

オーストラリア(タスマニア島、サンシャインコースト郊外)

有機農家、オーガニック化粧品会社、パーマカルチャービレッジに滞在し、農作業及びインタビューを行い生活環境を調査しました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スーパーに出荷するブルーベリー
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2017年
6月〜
2017年
8月

イタリア(イタリア北部、中部)

有機農家3軒に住み込みで滞在し、有機農業技術や経営方法を学んだ。
また、参与観察やインタビューを通して、そのライフスタイルを調査した。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

郊外の景色
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

留学中に、自分を勇気づけてくれたモノ・コト

言葉がうまく話せない時や落ち込んだ時に、猫たちから勇気をもらっていました。
休日には、猫を探しに村まで散歩に行ったりしていました。

出会った猫1
出会った猫2

カードは2枚持っていこう

  • 生活 : お金

留学先ではカードを常に2枚持っていることをお勧めします。
一方のカードしか使えない場合に時々出くわしました。
私は、デビットカードとクレジットカードを作り、デビットで現金の引き出しをし、クレジットでインターネット決済をするようにしていました。
しかし店頭やインターネット決済をするときに、なぜかデビットカードだけが使えたり、逆にクレジットカードだけが使えることがあったので、常に2枚持ち歩いたほうがいいと思います。

留学前にやっておけばよかったこと

留学中は、日本の歴史や文化についてもっと知っていれば・・・と思うばかりでした。
伝統調味料の作り方や歴史、政治、皇室のことなど、海外で似たものを見たときに「私の国にもこういうものがあるんだけど、こう違うんだ」と説明したくてもできませんでした。逆に外国の人のほうが知識があるということもあり、単語だけではなく、背景まで理解していることが大切だと感じました。今勉強中です。。。

これから留学へ行く人へのメッセージ

どんな場所に行っても必ず学びはあります。
しかしその学びの量は自分の行動次第で大きく変わってくるでしょう。エネルギー補給のためメリハリをつけて、なんでも行動してみることをお勧めします!
また、留学から帰ってきた後に自分の成果が図れるものは何か?ということも考えておくとより充実した留学になると思います。