留学大図鑑

saki

出身・在学高校:
UWC ISAK JAPAN
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

学校で取り組んでいる着物プロジェクトについてのウェブサイトです。
海外の人に向けて、日本文化を広める狙いがあります。


人種の壁を越える

留学テーマ・分野:
短期留学(3か月以内、語学・ボランティアなど各種研修含む)・専門留学(スポーツ、芸術、調理、技術等)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ブラウン大学
  • アメリカ合衆国
  • プロビデンス
留学期間:
3週間
総費用:
500,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 400,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<英検準一級 TOEFL 97点> 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル

留学内容

ブラウン大学で、ビジネスと経済学についての講義を受けた。大学で勉強したいと考えていた分野について学習することはもちろん、自身のアイデンティティの追求を目的としたものだった。留学を通して、十分な知識量を得られたほかに、人種の壁を越えることの難しさを学んだ。

留学の動機

私はファッションビジネスを勉強できるニューヨーク大学を志望している。ファッションに、経済の側面からアプローチすると、そこにはマーケティングや数字だけでは到底割り切れない、政治、人権、環境問題が浮かび上がってくる。そこで、今回は経済ビジネスについて基礎から学びたいと考えた。

成果

私は、インターナショナルスクールに通っていて、日本のことが好きな外国人にしかあったことがなかった。しかし。アメリカでは、日本人というだけで、話すことを避ける人もいた。それでも、時間をかけるうちに、少しずつわだかまりを取り除くことができた。人種の壁を越えることは、難しいが、不可能ではないと知った。

ついた力

忍耐力

人種というフィルターを取り除いて、自分のことを見てもらえるまでには、時間がかかる。焦らずに自分のことを知ってもらうことを学んだ。

今後の展望

2018年の春は、イギリスへクリエイティブディレクターの仕事について学びに行き、夏にはニューヨーク大学へ実際に行き、志望大学の最終決定を行うつもりだ。大学はアメリカへ行き、ファッションビジネスを様々な角度から学びたい。

留学スケジュール

2017年
7月〜
2017年
7月

アメリカ合衆国(プロビデンス)

ブラウン大学で、ビジネスと経済学についての講義を受けた。大学で勉強したいと考えてた分野について学習することはもちろん、自身のアイデンティティの追求を目的としたものだった。留学を通して、十分な知識量を得られたことはほかに、人種の壁を越えることの難しさを学んだ。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ビジネスプランについての最終プレゼンテーション
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

先述したように、人種の壁は私に立ちはだかったもっとも大きな困難と言える。ホームシックになり、泣きながら家族に電話をかけていた私を救ってくれたのが、ブラウンの大学生だった。高校時代をイギリスで過ごした中国出身の大学三年生で、夏休みもプロジェクトに取り組んでいた。会ったばかりのわたしを気にかけてくれ、何度も自宅に招いてディナーを一緒に作ってくれた。人種にかかわらず、自分を一個人として見てくれるその姿に、感銘を受け、私もそのようにありたいと強く思った。

文中に登場した中国人の友人と作ったディナー

友人付き合い

  • 生活 : お金

ソーシャライズをすることは大切だと思っていたが、金銭的に余裕のある子と出かけるとあちらこちらで買い物をし、値段の張る外食をすることになるという難しさがあった。解決方法はいたってシンプルで、自分が何を志して留学をしに来たのかを忘れないということが大切だと思う。時には、勇気を出して断ることも必要だ。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学に行って楽しいことも、辛いこともあると思います。渦中にいる間は、留学から何を学んだのかわからなかもしれません。それでも自分に向き合う時間をとって、その留学にどのような意義があったか考えることが大切だと私は考えています。それを見つけることができた時に、楽しかったことも辛かったことも含めてその留学を肯定的に捉えることができ、次へのステップに繋げられると思うからです。