留学大図鑑

ゆり

出身・在学高校:
ぐんま国際アカデミー
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

日本とは一味違う保育園

留学テーマ・分野:
プロフェッショナル
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • global collage
  • カナダ
  • バンクーバー
留学期間:
3週間
総費用:
580,128円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 450,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

実際にカナダの保育園に行き半日先生になりました。日本の保育園とは全く違いました。まず、遊ぶもの、部屋の内装、子供達の自由度、ロッカー、ご飯、トイレなどです。
午後は、語学学校に行き、英語を学びました。学校でもポスター発表がありドキドキする場面もありました。学校ではイングリッシュポリシーがあり、日本人とも英語で話していました。
保育園で園児達に、折り鶴を教えた時は大変でした。でもその計画を実行できてよかったです。

留学の動機

将来私は保育園を建てたいと思っていて、調べている時カナダの「自由保育」という日本とは違うことを知り行こうと思いました。
昔から留学をしてみたいと思っていたので、ただ英語を学びに行くだけだとつまらないので保育も学びに行くことで、学べることが増えるいいチャンスだと思ったから。

成果

カナダの保育を知り私は保育士になりたい気持ちが薄れてしまいました。
実際に行くことで、知れることは良かったと思いました。
でも、同時に英語力がつきました。

ついた力

自分から話す力

ホストマザーの誕生会の時、私は10人くらいの人たちとグループになって話していました。自分の中では話に参加していたつもりだったのですがそこにいた日本人に「話に混ざらな」って言われて混ざっていなかったんだなとわかりました。その誕生会を機にもっと自分から話に混ざること押しました。そのため、日本に帰ってきても、自分から話すことをするようになりました。

今後の展望

今後は、日本の英語教育に携わりたいです。
留学をする前は保育士になって教育をしたいと思っていたのですが、行ってみてもっと違う形で携わりたいと考えるようになりました。
なので、友達と自分で英語を教える場を自分たちで企画して私が何をやりたいか模索していきます。

留学スケジュール

2017年
7月〜
2017年
8月

カナダ(バンクーバー)

保育園に行き先生になり、日本との差を感じた。三週間午前中保育園で午後は語学学校。
友達が学校でたくさんできた、保育園で頑張って子供達と話をつなげる努力をした。
家はたくさんの留学生が住んでいて夜ご飯などで話す機会があった。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

花火を見ている後ろ姿
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

留学中に、自分を勇気づけてくれたモノ・コト

カナダに行って三日目、花火大会がありルームメイト達と電車に乗って会場に向かいました。
会場に着いたら、もう既に8人くらい留学生がいてあーっとなりました。元から人がいっぱいいるとは聞いていたのですが、こんなにいるとは、思わなかったので驚きました。しかもみんな色々な国から来ているにもかかわらず、英語で盛り上がっていました。私はその輪の中に入れず一人でぼーっと海を見ていました。もちろん誰も声はかけてくれず、自分から行くこともできず地獄の花火大会が終わりました。
帰り全員で歩いて帰った時、私のルームメイトの友達が、
「ゆりは英語が私よりもできるんだから、自分から話に行かなきゃ!話したら絶対上達するよ。」
と、言ってくれたんです。
私はこの言葉に勇気ずけられて残りの留学期間心が折れそうになったら思い出して自分から頑張って話すことができました。

一人でいる時撮ったみんなの後ろ姿

日本人が居すぎる語学学校

  • 留学先探し : 語学学校

私が行った語学学校のクラスには日本人しかいないクラスだったので日本語が飛び交う時間があった。もしそこに外国人がクラスにいたら。と思いながらも日本語で話してしまった。
「私が英語で日本人に話しかければな。」と後悔している。
なので、元から外国人ばっかりのクラスに入れてもらえるように言うべきだと思った。

留学前にやっておけばよかったこと

その国のマナーやルールを学んだ方が良いと思う。
でも、調べすぎて固定観念を持って行くのもダメだと思う。
現地に行って発見することがより多くなって楽しくなる!

留学を勧める・勧めない理由

私は留学を勧めます。
高校生の頃から、海外を経験することで視野も広がるし、その国や機関の事実もわかるから。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学をする前とした後では考え方が変わったりして楽しと思います!
海外に行く前緊張しても、行ったらハッピーになるのでとにかく楽しんできてほしいです。
でも、自分が何を学びに行ったのか現地で確かめることも大切だと思います。