留学大図鑑

ユウタマン

出身・在学高校:
専修大学付属松戸高等学校
出身・在学校:
青山学院大学
出身・在学学部学科:
国際政治経済学部
在籍企業・組織:
外資系IT企業

グローバルリクルーターへ!

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ブリティッシュコロンビア大学 アート学部
  • カナダ
  • バンクーバー・シンガポール
留学期間:
12ヶ月
総費用:
3,000,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 2,300,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<英検1級 TOEIC980 IELTS7,5 > 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル

留学内容

グローバルリクルーター、つまりは外国籍の人材を日本に引っ張り、日本経済を活性化させれるような人材になるのを目標にカナダのバンクーバーのBritish Columbia大学で8ヶ月学び、その後はシンガポールのスタートアップ企業で4ヶ月ほど働いた。大学では文化・宗教・ビジネス系の科目を学び、勉強以外でもイベントや外部講座など積極的に勉強した。また、単に学ぶだけではつまらないと考え、知り合いの教会に毎週通いつめ、実際に敬虔に宗教を信仰されている方と過ごして学んでいった。アフリカンビジネスフォーラムでアフリカ系の友達を作り、またスタートアップウィークエンドと呼ばれるビジネスコンテストでは起業を考える方々とプロダクトを作り上げ、プレゼンした。シンガポールでは実際に学んだ事を生かすために、スタートアップ企業で働いた。決して人事がメインの仕事ではなかったが、一度信用されると採用に関する仕事も任され、グローバルリクルーターとしての一歩を踏み出すことができた。

留学の動機

人材系の会社で働いていたこともあり、日本の人材不足、特に若年層の人材不足を解決したいと考えた。外国籍の方を採用するのであれば、文化や宗教的に関する理解を高める必要性があると考え、日本国内で達成するには厳しいと感じた。まずは多くの多様な人種がすむバンクーバーで学術的な面から文化・宗教に加えてビジネスを学び、その後は得た知識を実践的に使うため、シンガポールでのインターンを決意した。

成果

一番の成果はシンガポールのスタートアップで採用の経験をさせて頂いたこと。採用権を与えられ、自分一人でジョブのポスティングからインタビューまで行い、非正規雇用者を4人採用した。また正社員の採用にも携わり、正社員一人の採用を社長と共におこなうことができた。目に見えない成果としては、文化や宗教に対する考えが圧倒的に変わり、グローバルスタンダードに近いものを得られたように思う。

ついた力

異文化理解力

この留学の大きなテーマである、バックグラウンドが違う人に対する理解や寛容性というものを吸収できたように思う。どのような背景を持つ人と接しても、どういった話なら失礼にあたらないかなどが考えなくてもとっさに出るようになった。とにかく様々な文化や宗教を背景に持つ人と接し続け、何人かと深い付き合いをすると、自分の中で異文化理解という一本の軸ができていた。

今後の展望

ビジネスコンテストや校内の起業講座などを取った背景から、将来のどこかのタイミングで自ら会社を興し、外国籍の人材を採用して行けるような人になりたいと思う。

留学スケジュール

2016年
9月〜
2017年
4月

カナダ(バンクーバー)

バンクーバーの大学に通い、授業に出席しながら他にも色々なイベントに参加。自らも日本発信プロジェクトとしてJapaNight!というイベントを行い、100人を超える学生から応募があり、70人が参加する一定の規模感のあるイベントとなった。住まいは大学内の寮にすみ、4人でのシェアハウスだった。生活感が全く違く、学校での友達との会話以上にカルチャーショックが大きかったように思う。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

Long Boat Race!!
JapaNight!!
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2017年
5月〜
2017年
8月

シンガポール(シンガポール)

シンガポールのスタートアップ企業でのインターン。具体的には、不動産関係のIT企業の会社で、あるプロダクトのセールスとマーケットリサーチを任された。一定の成果をあげると信用され、より多くの事を任されつようになり、アプリの翻訳・バグチェックから、人材の採用まで任された。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

Greyloft with CEO and CTO
My family in Singapore
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

ココでしか得られなかった、貴重な学び

アフリカでビジネスをしたい人向けのフォーラム。アジア系が多いバンクーバーでもアジア人は一人しかいないような環境で、一人のナイジェリア出身の方と出会い、仲良くなった。その方の家には協会があり、毎週通うようになる。クリスマスの日、教会にてクリスマスの礼拝があった。その方にぜひ来たらと言われ参加する。蝋燭が綺麗に並べられ、普段でも綺麗な教会がより一層綺麗に見えた。礼拝が進むとベイビーキリストが出てき、人々は口を洗いそれにキスをする。その光景は今まで見た事ないものであり、胸が熱くなるほど感激した。自分の番が来る。私は教会に通うもののクリスチャンではない。正直どうすべきか分からなかった。しかしながら周りがやってるからと同じ行為をした。その場が終わるとナイジェリアの友人に、応接室のようなところで話がしたいと言われた。行って見るとこっぴどく怒られた。やはりあの行為はクリスチャンの方しかすべきではなかったのだ。私は何度も謝り、彼も謝ってくれた。この一連の出来事で多くの事を学んだ。まず僕の顔を汚さないように、応接室という誰もいない場所に連れて行きそこで話をしてくれた事。参加されていたクリスチャンの方がどれだけ深く信仰されているか。そして何より、本気で注意をしてくれる友人ができた事。この日の出来事は一生忘れないだろう。留学中だけでなく人生で見てもかなり大きな出来事だった。

Church!

いかに我慢しないか

  • 住まい探し : シェアハウス

まずはシェアハウスの探し方から。一般的なのは大学の掲示板やフェイスブックのグループ、またはそれ用のサイトをチェックする事。また、オススメはAirbnb。短いステイで利用する方は多いと思うが、以外に長期の宿泊にも対応しており、長期の場合ディスカウントという物件も多い。以外にシェアハウスも見つかるので、是非チェックして見るのをオススメする。

生活に関して。一緒に生活する以上相手に合わすことは必要だが、我慢しすぎるのは絶対だめ。いかに早く相手とディスカッションし、妥協案を見つけられるかが大事なように思う。これも早ければ早い方が良い。遅くなると何だ今更といった事になるからだ。デメリットも多いがそれ以上にメリットもあるので、是非シェアハウスを検討していただければと思う。

Rooommieee!!

これから留学へ行く人へのメッセージ

とにかく後悔しない事。これが一番です。私は無理に留学を進めません。ただ今一度考えて欲しいのが、留学に行かなくて将来後悔しないか。また、留学に行かず日本にいて、留学以上に学ぶ事が可能なのか。もちろん金銭的な面や、学業、就職など考えなければならない事も多いと思いますが、是非自分が後悔しない道を突き進んでいただければと思います!!