留学大図鑑

ひろやす

出身・在学高校:
大阪府立泉北高等学校
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

ガーナにボランティアとして、3週間行っていました!
トラブルも含めて、たくさんのことを経験できたので、それを還元したいと思っています。
トビタテ!の留学はすごく自分を成長させることができるものです。
僕もこのトビタテ!を通じて、『真の自分』を見つけることができました!!
どんなことでも聞いてください!(FacebookでもInstagramどちらでも大丈夫です)

broaden my horizons

留学テーマ・分野:
国際ボランティア
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Projects Abroad
  • ガーナ
  • アクアペムヒルズ
留学期間:
3週間
総費用:
700,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 400,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル<英検2級>

留学内容

留学のテーマとして『視野を広げる』ことを軸に置いて、エージェント選びの時から現地の人だけではなく、ボランティアという自分と同じ目的を持った人たちと交流できるような選択をしました。そして、活動中もたくさんの人と話すように心がけようと意識して行きました。しかしながら、自分の英語力不足に苦労して、想像以上に話すことはできませんでしたが、その苦悩によって、想像以上に成長できました。また、現地の食材を使って、日本食(具体的にお好み焼き)をホストファミリーに提供しようと計画して、現地の食材などを調べていましたが、実際に行ってみると、そんなに自由度が高くなかったため、食材を買いに行くこともできませんでした。そんな果たせなかったことも多かった留学でしたが、メインテーマである『視野を広げる』は果たすことができ、『真の自分』を発見できました。

留学の動機

元々、将来教師になりたかったことや、学校の選択科目で教育格差について研究していたが、アフリカの教育における現状がわからなかった。これらの理由で、実際にアフリカの教育現場を見に行こう!と思ったから。

成果

この留学の際に経験したトラブルを通じて、臨機応変に対応することが、慣れない環境でもできるようになりました。また、『視野を広げる』ことによって、将来のヴィジョンが変わり、その自分が描く未来に自信が持てるようになりました。なぜなら、日本という狭い空間から出て、経験することが初めてばかりのところに行って、自分の目でたくさんのことを見て、たくさんのことを感じることができたからです。

ついた力

逆境を楽しむ力

僕は、目的地であるガーナに行くまでにトラブルがあり、北京で2晩過ごしました。正直、トラブルにあった時はどうしようもない気持ちでしたが、周りの人のサポートもあり、“逆境の時こそとにかく楽しく!”することが大切であることに気づき、実践するうちに、この『逆境を楽しむ力』を得ました。今では、この力によって、自分にとってマイナスのことでも楽しみを見出し、プラスな時間を過ごすことができます。

今後の展望

今は受験生なので、志望大学進学を目指しています。そして、大学進学後は、トビタテ!を経験できた一人の人間として、もっと日本の高校生が留学に行けやすい環境になったり、海外が身近に感じれる環境の構築に大学生として貢献したいです。また、自分自身ももっと海外に行き、もっと視野を広げたいと思っています。将来的には、ビジネスを通じて、世界の持続的な発展に一翼を担いたいと考えています。

留学スケジュール

2016年
7月〜
2016年
8月

ガーナ(アクアペムヒルズ)

初めの2週間は、他の国(具体的にオランダやノルウェーなど)から来た同世代の人たちと、午前中は現地の学校に行き、ペンキ塗りをして、昼食を取るためにホームステイ先に戻り、午後からは、別の学校に行き、現地の子供たちと交流をしていました。
そして、最後の1週間は、ホームステイ先も活動先も変わりました。具体的に、活動先であるディケアセンターで、ほぼ一日(昼食はホームステイ先に戻る)授業に参加させてもらったり、子供たちの弁当を洗ったり、先生たちの補助的な役割を果たしていました。
ガーナでの活動を通じて、僕は日本で生活をするよりも、人間らしい生活をしている面があるなと感じていました。また、食事の面では、魚を全然食べる機会がなかったので、寿司は恋しくなりました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ペンキ塗りをしている様子です
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

留学で確信した、“私はこれを目指す!”

僕は、この留学を通じて、たくさんのことを経験しました。その中でも、街並みが僕に与えてくれた影響は計り知れません。具体的に、渡航前は、現地の人たちは貧困で苦しんでいると偏見を持っていました。しかし、実際に行ってみて、現地の人たちと生活や交流をしているうちに、ガーナの人たちは、幸せと感じていると確信するようになりました。しかしながら、僕はあることに気づきました。それは、現地の人たちは『選択肢』という目で見えないものが限られていることです。そして、僕は、現在将来のヴィジョンとして、ビジネスを通じて、“世界を変える”という目標を持って、日々生活しています。

車窓からの子供たち(実は何人かは靴を履いてないんです!)

北京での2晩

  • 帰国後の進路 : その他(インターンシップなど)

当初のフライトプランでは、経由地の一つに北京がありました。しかし、北京へのフライトが悪天の影響で遅れてしまい、次に乗るはずだったフライトに乗れませんでした。そして、その晩はとりあえず、航空会社が提供してくださったホテルに泊まりました。この時は、明日にはどうにかなるだろうと考えていました。しかしながら、次の日になっても、チェンジフライトもできず、親や先生などと連絡しながら、解決策を模索をしましたが、ガーナへの道は閉ざされた気持ちになりました。その晩も、航空会社に提供してもらったホテルに泊まりました。そして、翌日、周りの人と話し合って、一時帰国することにしました。そして、日本と着くと同時に、母や祖母、先生や旅行会社の方といつ飛び直すかを考えていました。正直、この時は行かないという選択肢も頭をよぎりました。しかし、トビタテ!に選んでいただいた一人として、行けないとは言えませんでした。また、母や祖母の許可も出たので、その翌日に、イスタンブール経由で飛び、無事にガーナに着きました。そして、そこではかけがえのない経験をすることができました。

留学前にやっておけばよかったこと

トビタテ!の留学は、学校を介する語学研修などとはわけが違います。目的や行先、期間などすべてが自分次第です。それがトビタテ!の最大級の魅力の1つです。しかし、その分エージェント選びなどから、しっかり準備をしなければなりません。しかしながら、自分ひとりで抱え込むのではなく、親や学校の先生、時には友達を頼ることを強く勧めます。

留学を勧める・勧めない理由

僕自身は、留学を通じて、将来に対するヴィジョンが変わり、視野を広げることができました。そのような経験から、留学は強くおすすめします!しかし、目的がないのなら、行くべきではないと思います。なぜなら、目的がない留学からは浪費しか得られないからです。目的があるならば、留学に行った方がいいと思います!特に、高校生の間に行くことは、これからの人生において、プラスの影響を与えることは間違いないでしょう。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学では、喜びを得ることはもちろんのこと、困難にぶつかることもあるでしょう。その時に、助けてくれる人は、すごく身近な人だったりします。困難にぶつかった時は、そんな人たちに頼りまくってもいいでしょう!そして、自分にとって、一生ものになるかけがないのない経験をして、無事に帰国されることを心から願っています。そして、その経験を聞かせてください!また、その経験をどんどん発信していってください!