留学大図鑑

さいごーどん

出身・在学高校:
香川県立高松高等学校
出身・在学校:
神戸大学
出身・在学学部学科:
経営学部
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

ブログで少しずつですが香港の情報も発信しています。
更新頻度はかなり少なめですが、頑張って継続させていくつもりです。
ブログのプロフィールにメールアドレスを記載しておきますので、もしご質問等あれば何でも気軽に質問してください!

香港の人に日本の空き家を売る!

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • 香港中文大学
  • 香港
  • 香港
留学期間:
10ヶ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,500,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

【香港の人に日本のお家を買ってもらおう!世界不動産市場への挑戦】
日本で留学前に行っていたビジネスから着想を得て、海外の人にとって日本の空き家は価値があるのではないかと考えるようになりました。そして、様々な調査やデータの分析の結果、香港の人に大阪南部、和歌山などの関西国際空港周辺のお家を売るのが最も可能性がありそうだと判断し、交換留学を活用して大学に拠点を持ちつつ、現地で日本のお家を売る活動をしました。具体的には知り合いのコネと地道な営業活動で徐々に見込み客を増やしていきました。最終的に二軒のお家を購入してもらうことができましたが、その先のビジネスの展望が見えなくなり一度立ち止まろうと思い、留学終了前にビジネス自体は一旦ストップさせました。ビジネス以外にも、大学で不動産の理論を学び、活動に活かしました。

留学の動機

もともと日本の未来は暗いと言われる中、海外に出るor海外との関りを持った仕事をしたいと思っていました。ただ、交換留学の募集がされていた大学2年生の時には、日本でしていたビジネスに夢中だったため参加しませんでした。しかし、そのビジネスがうまくいけばいくほど一度海外へ長期間出て外から日本を見て見たいと感じ、海外でのビジネスの可能性にワクワクするようになり、留学を決意しました。

成果

先述の通り、ビジネスの具体的な成果としてはお家を二軒販売しました。そのうち一軒は購入された方と一緒にどのような場所にするか相談の上、リノベーションも担当しました。
日本の人と香港の人のニーズの違いを身をもって体験することができ、ビジネスを世界で行うことの難しさを実感しました。

ついた力

寄り道力

私は、ずっと最短ルートというものを意識して生きていました。目標へ一直線に進んでいけるような生き方を好んでいました。しかし、留学そのものが大学在籍を一年延長してのものであり、初めて時間的な最短ルートから外れる経験をしました。留学中も興味の幅を広く持ったことで、本来の目的とは少しずれるけれど有意義なことをうまく体験していく力を得ました。

今後の展望

海外でのビジネスの難しさを知った一方で、まだまだその可能性に身を投じてみたいと感じています。今後は、実際に海外でビジネスを行っている企業に就職して修行したいと考えています。どうやったらうまくいくのか、仕事をしながら学び、自分でもビジネスをまた始められるようにします。

留学スケジュール

2016年
8月〜
2017年
6月

香港(香港)

活動の拠点としていた大学では一人の香港人のルームメイトと同じ部屋で生活をしていました。部屋は大学内の寮にあり、学生は皆いずれかの寮に所属しています。私はこの寮を主な拠点として学外へと繰り出し、活動していました。香港は自治を行いながらも中国の影響を強く受けています。そのため、学生はさまざまなことを考えて生活をしており、とても高いレベルの議論をしています。日本にいると見えないことがたくさん見え、世界について一部ではあるものの肌で感じることができ、多くの刺激を得られました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

お世話になった大学の教授との一枚です
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

生活の拠点としていた大学寮では、一つの部屋を二人でシェアして使ってしていました。その時のルームメイトとても良い人で、日々の生活からイベント、旅行など本当にお世話になり、感謝してもしきれません。大学について、香港についてあらゆることを教えてもらい、何らかの行事の際にはパーティーを開いたりお祭りに連れて行ってもらったり、家族や親戚とも一緒に過ごさせてもらいました。中国文化特有の旧正月の親族での集まりに参加させてもらえたことは、本当に貴重な経験で、非常に楽しく刺激的な時間を一緒に過ごしました。彼以外にも多くの一生付き合っていけるような友人ができ、本当に楽しい留学となりました。

ルームメイトとの部屋チェックアウト前の一枚です。

香港へはこうやって行け!香港エクスプレス虎の巻

  • 事前準備 : 渡航手配(VISA、保険、持ち物など)

香港へ日本から行く場合、よほどのことがなければ飛行機を使うと思います。金銭面で余裕があればキャセイパシフィックという香港のフラッグキャリアを選択しても良いと思いますが、なかなかそうはいかないのではないでしょうか。
そこで私は、香港エクスプレスというLCCをお勧めします。香港エクスプレスは、香港のLCCです。LCCだけあって普段から片道10000円前後というかなり良心的な値段なのですが、この航空会社は時々とんでもないセールを行います。最安値であれば、片道1000円以下なども普通にあり、費用を抑えたいのであれば狙って損はありません。
セールの時期があまり読めないのですが、少し待てばまず半額セールには当たります。他には、路線の就航日や中国のイベントの日などは高確率でセールを行っています。

香港はアジアのハブ空港でもあるため、香港まで安く行ければそこからほとんど世界中どこにでも行けます。また、香川県の高松空港や、広島県の広島空港なども香港エクスプレスで香港と結ばれているため、意外なルートとして検討できるかもしれません。
ぜひ、香港をうまく活用して、納得できるルートを作ってみてください!

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学は、必ずメリットをもたらしてくれるといっても過言ではないと思います。
そのメリットは、目的をしっかりと持つことで最大化できます。
トビタテへ応募するかどうかに関わらず、一度留学先でできることと、今自分に足りなくて習得したいものを考えてみて、ぜひ留学で得たいものを見つけてください。
少しずつでも行動していくことで、自分への自信につながり、それは成長につながるはずです。
応援しています!