留学大図鑑

ようちゃん

出身・在学高校:
神戸海星女子学院高等学校
出身・在学校:
福井大学
出身・在学学部学科:
医学部医学科
在籍企業・組織:

世界中の人を心から笑顔にする!

留学テーマ・分野:
語学学校+ボランティア
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ビクトリア大学 語学コース
  • タイ・アメリカ合衆国・カナダ
  • ビクトリア・ヴァンクーバー・イリノイ州・バンコク
留学期間:
9か月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,400,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル<IELTs 6.5> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<IELTs 7.0>

留学内容

2016.4-6 ビクトリア大学で語学コース受講
英語力向上のため、語学コースを受講した。日本人も多く通う学校であったが、ここでの最大の目的である英語力向上を実現するため、一切日本語を使わないことを心に決めてその意志を貫いた。
7-9月  アメリカのイリノイ州にあるシャンペーンで、クラウニングのワークショップ等を受講
クラウニング法という、心を通わせるコミュニケーションを通して患者さんの不安や孤独を和らげるケア方法を世界中に広めたアメリカ人医師 パッチアダムスに会いに行き、クラウニング法を習得するためにワークショップに参加した。実際に老人施設等でのクラウニング活動や様々なワークショップを通してクラウニングで大切なコミュニケーション力を磨くことが出来た。また世界中で活動しているクラウン達とつながる事もできた。
10-12月 バンコクの病院で小児ボランティア活動
アメリカで身につけたクラウニング法を実践する場所としてバンコクの病院での小児ボランティア活動を行った。ここでの活動で、クラウニング法の持つ力に気づくことが出来、帰国後もクラウニングの活動を続ける決心がついた。

留学の動機

高校生の時に初めてパッチアダムスの映画を観て彼の患者さんに対する関わり方に感銘を受けたのがきっかけで医者を志しました。その時から’夢の病院’のあるアメリカへいつか絶対に行きたい、と思い続けていましたが、実行に移せずにいました。大学入学時から、在学中に長期留学してみたい、様々な経験をしたい、パッチのいる’夢の病院’に行きたい、という思いがあったので思い切って留学することを決めました。

成果

この留学での最大の学びは、クラウニング法です。留学前に比べて、より一層その力に魅了されています。クラウニングを通して学んだコミュニケーション力や思いやる心等は、医師と患者さん間だけでなく、人との関わりの中でも大事だと私は思います。日常生活から、そのようなクラウニングマインドを持って人と接していきたいと思います。そしてこれからもクラウニングの活動を日本中で続けていきたいと思います。

ついた力

クラウニング力

留学で身についたものは、クラウニング力です。留学前、心のどこかでクラウニングは自分には出来ないと思っていました。しかし、クラウニング法のワークショップやタイでのボランティア活動さらに世界中でクラウンとして活動しているたくさんの仲間に出逢うことが出来、彼らからもらったたくさんのLoveやPowerのおかげでこれからもクラウニングの活動を続けていく自信が付きました。

今後の展望

私は何科の医師になりたい等の具体的な目標はありませんが、今後自分がどの選択をしようとクラウニングで学んだコミュニケーション力はどの医師にも必要なものだと思います。自分が将来どのように医療に携わっていきたいかを今後じっくり考えていきたいです。また医師になってもクラウニングの活動を続けていきたいです。そして、日本にもっとクラウニングが広まるように少しずつ働きかけていきたいと思います。

留学スケジュール

2016年
4月〜
2016年
6月

カナダ(ビクトリア)

ビクトリア大学で3か月間の語学コースを受講しました。コースはアカデミックとジェネラルに分かれていました。私はスピーキング力を強化したかったので、ディスカッションやプレゼンテーションなど話す機会の多いジェネラルコースを選びました。クラスは様々な国の留学生がおり、多様な価値観・国民性の中、様々なトピックについてディスカッションをしたりグループワーク等を行いました。授業の最後に行ったプレゼンテーション大会も良い経験となりました。また、選択授業ではライティングや発音クラスを受講し、アカデミックな能力も養いました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

クラスのメンバーとたこ焼きパーティーをしました
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2016年
7月〜
2016年
8月

アメリカ合衆国(シャンペーン)

Gesundheit Institutesという場所で、クラウニングのワークショップに参加しました。世界中からクラウンたちも参加しており、非常に有意義な時間となりました。ワークショップ自体は、コミュニケーション、特に非言語的な要素に重点を置いたものが多く、ハグしあったりもしました。また実際に、老人施設や児童所などでクラウニングの活動もしました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

世界中から集まったクラウンたちと。
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2016年
10月〜
2016年
12月

タイ(バンコク)

当初、クラウニングは本当に全ての人にとって良いのか、疑問を感じていました。’人は悲しみに浸りたい時や楽しむ余裕がない時もある’事に改めて気づいたからです。そんなモヤモヤを吹き飛ばしてくれた瞬間がタイの病院で訪れました。ある日病院でいつものようにボランティア活動をしていると、ある少年が無表情でベッドに横たわっているのがみえました。この少年に何かしたい、モノトーンの毎日を色づけることができたらと思い、赤鼻を付けて少年に近付きました。すると、一瞬にして少年そしてベッドサイドにいた彼の母親が笑顔になったのです。たった一つの赤鼻が二人の笑顔になった瞬間でした。この経験のおかげで帰国後のクラウニング活動を続ける決心がつきました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

タイの病院でクラウニングを行った時に出会った少年
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

留学中、たくさんの素晴らしい出会いがありました。その出会いの一つ一つがあったからこそ、留学中もめげることなく、頑張ってこられたんだと思っています。特にアメリカで出会った友達との出会いは、私の中で最も印象に残っています。私の夢を信じ、応援してくれる人が世界のどこかで一人でもいるということがどれ程心強いかを実感しました。彼らの存在がなければ、きっとこれほどまでに充実した留学生活を送ることが出来なかったと思います。

アメリカで出会ったクラウニング仲間達

諦めない、挫けない

  • 語学力 : 英語

ボランティア活動中、私の目の前で私の英語力の不十分さを指摘された事がありました。その時、語学学校を終えて自分でも英語力に自信を持ち始めていたころだったので、ものすごくショックを受け、家に帰って泣きました。泣きはらして冷静になったとき、泣いた理由はきっと、心のどこかで自分の英語力がまだまだ未完成であることに気づいていたのだ、と思いました。それを見ないふりしていた矢先に他人に指摘され、今まで覆っていたカバーが剥がされ自分の弱点が露わになった。この日は本当に凹みました。でも凹んでも仕方ないのです。人生山あり谷ありで、谷が無ければ山もありません。この出来事をバネにして、もっと英語力をつけよう!と思い直し、その日からアメリカのドラマを毎日見たり、発音練習したり、、等英語力をさらに上げるため、実際に行動に移しました。

最後のテストで満点を取ったとき

これから留学へ行く人へのメッセージ

何かを決めるのは簡単なことではありません。色んな事を考え留学を決めた人もいるでしょう。その過程で自分の本当の気持ちに気づいた人もいるのではないでしょうか。留学中、躓いたり失敗したと思うことがたくさんあると思います。だからこそ、留学を志した時の自分の気持ちを大切にしてほしいです。そして辛い事があった時はその気持ちをもう一度思い起こしてください。そうすればどんな事でも乗り越えていけると私は思います。