留学大図鑑

kana

出身・在学高校:
麗澤瑞浪中学・高等学校
出身・在学校:
奈良県立大学
出身・在学学部学科:
地域創造学部地域創造学科
在籍企業・組織:

学部留学&LGBGウェディング

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・経済・商・観光
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ
  • アメリカ合衆国
  • ハワイ州ホノルル
留学期間:
5ヶ月半
総費用:
1,700,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,700,000円
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,140,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル<英検2級> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

ハワイの大学に単位互換留学をしながらLGBT(性的マイノリティの総称)の調査とゲイカップルのウェディングをプロデュースしました。
ハワイ大学の分校の一つ、カピオラニコミュニティカレッジで観光課に入り、観光学を実践的に学び、座学だけではなく班でのディスカッション、ワイキキのホテルのマネージャーにインタビュー、プレゼンをしたりしました。
LGBTの調査ではハワイのLGBTの人たちにインタビューをしたり、LGBTパレードを見にいったりしました。その後、クラウドファンディングで集めたお金を元にハワイのゲイカップルに日本式のウェディングを提供しました。

留学の動機

中学生の時に色々な国のドラマや映画を見たり本を読んだりして、海外はなんて自由で楽しそうなんだろう!と思ったのがきっかけです。自分の幼少期に親がアメリカの大学に通っていたこともあり、漠然と留学したい、とずっと思っていたような気がします。

ですが中学高校では長期留学の機会に恵まれず、学生最後のチャンスだとトビタテ!留学Japanに応募しました。

成果

日本と違う視点で観光学を学べたこと、英語の力をあげれたこたと、また逃げることのできないたくさんの困難にぶつかり、自分の力で解決して自分を少し好きになれたことが成果であると感じます。
た日本で過ごしていたら出会っていなかったような人と関わり、人生にはもっと多くの選択肢があることにも気づけました。

ついた力

自己主張力

ハワイは自分の意見を言ってなんぼなので積極的になるよう頑張りました。

今後の展望

海外を視野に入れて考えたいです。

留学スケジュール

2016年
8月〜
2017年
1月

アメリカ合衆国(ホノルル)

大学に行きつつ放課後は友人とビーチ、ショッピング、週末はハワイの観光をしたり、他の島にプチ旅行をしたりしました。
LGBTの調査と現地のLGBTカップルに日本式の結婚式を知ってもらうという目的があったのでその活動はいつも1人で行っていました。
大学の勉強は日本の大学でするよりも難しく、いつも必死で勉強していました。友人は他の国から来た留学生が多く、基本英語での会話だったので沢山話したくて日常会話も必死だったのを覚えています。日本では消極的で人にあまり話しかけられない私ですが、英語だからかよくわかりませんが積極的になれ、かけがえのない友人が沢山できました。
また、ハワイという土地柄、現地の人の優しく幸せ溢れるアロハスピリットに沢山触れられました。年齢にとらわれない文化が衝撃的で50代になっても10代や20代と対等に話して遊べる大人になりたいという目標ができました。

費用詳細

学費:納入総額

600,000 円

住居費:月額

120,000 円

生活費:月額

50,000 円

ゲイカップルの日本式結婚式をプロデュースしました。
日系ハワイ人の方お宅で郷土料理のスパムむすびを作りました。
無事1学期間の交換留学終了。セレモニーにて。
費用詳細

学費:納入総額

600,000 円

住居費:月額

120,000 円

生活費:月額

50,000 円

スペシャルエピソード

この国のことが、とても好きになった瞬間

家で留学準備をしている時、一番心配だったのは日本食が恋しくならないかでした。しかし着いてびっくり、ハワイは日本食に溢れていたのです。それもそのはず、ハワイには1800年台から沢山の日本人がより良い暮らしを求め移住していました。最初のホームステイのお宅の名前は「ハマモト」。日系4世でした。もちろん英語しか話せませんが日本の文化も未だ大事にしています。
写真は「サイトウ家」のニューイヤーランチです。和食、韓国料理、ハワイアンフードがミックスされています。こちらも何代か前の移民の家族で、若い世代になると色々な人種との混血が進みます、そのためこのようなランチを食べるのでしょう。彼らは日本の血が流れていることを誇りに思っているようです。ハワイほど日本とつながりのある州はないのではないでしょうか?

カラフルなデザートはジェロというハワイアンスイーツです。

物価が高すぎる件

ハワイはとにかく物価が高いのです!1番長く住んでいたお宅のママにハワイに移住したい!と言うと物価が高すぎるし住んだら大変よ、といつも言われました。確かに学生が1人住もうと思っても最低10万円は払わなくてはまともなお家には住めません。学食も日本の2〜3倍かかります。ハワイは天国のように美しい島だけど、お金が沢山必要だ、と感じました。

自宅にて

ココでしか得られなかった、貴重な学び

ハワイ島(ホノルルがあるオアフ島とは別の島)に旅行に行って来ました。自然の神秘に触れ、日本では見ることのできない雄大な自然を体験しました。ハワイ島は自然を体感するしかあまりやることがなくケータイも繋がらないことが多かったので久しぶりに頭を空っぽにして過ごせました。

ハワイの自然は本当に美しいです。早寝早起きをしていつもよりシンプルに深く物事を考える、と言う貴重な体験ができました。

サンセット

安いホームステイ、住宅

  • 住まい探し : ホームステイ

ハワイでのホームステイはとても高額で苦労しました。どうすれば安くなるか考え、行き着いたのが「個人契約」です。仲介業者を挟むと留学生は払う額が多くなってしまうし、おうちには払った額がそのまま全て行かなくなってしまいます。なので直接交渉し、税金を除けば全額お金を支払うことができる直接契約をオススメします。
もちろんインターネットで探すと家族の素性が分からないなどリスクがありますし、直接契約なので約束事は事前にしっかり決めなくてはなりません。ですが、レビューサイトで事前にお家の状況を調べるなどをすれば十分選択肢になりうると思います。
初めての渡航の時はしっかりお世話をしてくれるホームステイ会社にお願いするのもいいかもしれません!ハワイに行って1ヶ月ほどすれば安い住宅の探し方やルームメイトも見つかると思うので短期だけホームステイ契約をして後は自分に合う住宅を決めるのもアリです。
色々な人がいるので自分にあった方法を見つけてください。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学は楽しいことばかりではないし、準備も大変。くじけそうになったり、成功してくると約束して渡航したのになんだかうまく行かない、と言う日もあるかもしれません。でも留学を決めた時の気持ちと楽しんでやる!と言う思いがあればなんとかなります。周りのSNSを見ると楽しいことばかりに見えますが、後で話すと影でめちゃくちゃ泣いていたと言う人もいます。ぜひ自分らしい留学をして楽しんで帰って来てください。