留学大図鑑

松浦大輔

出身・在学高校:
東海大学付属仰星高等学校
出身・在学校:
関西大学大学院
出身・在学学部学科:
人間健康研究科
在籍企業・組織:
関西大学

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

ニュージーランドで学んだラグビーのコーチングスキルを生かし、ラグビーフィールドだけではなく、人生を前向きに取り組むためのマインドセット、悩み事を聞いたり、勝負に強いマインドの作り方、チーム作りやクラス作りなどを行なっています。留学をよりよくするための方法なども僕なりにお伝えすることが可能です。いつでも、ご相談ください。

世界一のラグビーコーチを目指して

留学テーマ・分野:
専門留学(スポーツ、芸術、調理、技術等)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • NZ RUGBY LINKS
  • ニュージーランド
  • ウェリントン
留学期間:
13ヶ月
総費用:
3,000,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,440,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル

留学内容

「人生のゴール」;スポーツの感動で世界を1つに←「中間ゴール」:2043年のワールドカップを制する←「留学のゴール」:世界一のコーチングを学ぶ←中身:通年、現地のクラブチームに所属し、選手として活動する。初め6ヶ月間、語学習得とトップチームのコーチング見学を行なった。後6ヶ月間インターンシップ活動(リエゾンとして、日本からくる留学生の通訳やお世話)とラグビーのコーチングを行なった。「結果」:選手として、地域クラブ選手権大会を優勝し、また、インターンシップ中にコーチのオファーを受け、ウェリントンカレッジU15sのコーチになる。そして、ニュージーランドU15s全国大会へ出場する。全国大会の期間はビザの期間に含まれていなかったので、ビザを延期した。しかし、コーチになることも、コーチとしてニュージーランドの全国大会に出場することも予測していなかったため、クラウドファンディングを用いて、生活費と彼らに日本の文化を伝える活動を行なった。   
   

留学の動機

2015年にラグビーワールドカップでエディ・ジョーンズ率いる日本代表が南アフリカに勝つという前代未聞の歴史的事件を起こした。このころ、5歳時にラグビーを始めた僕は普通のラグビー選手として、キャリアを進めるという路線にいた。しかし、この結果が私の人生の機転となり、世界一のコーチを目指すという路線へ車線変更した。そして、スポーツの感動で世界が1つをゴールに私は進み始めた。

成果

僕が一番学んだことは、ミスを恐れないこと、考える前に行動するということ、全ては失敗から学ぶということ。そして、これらはニュージーランドに到着し、すぐラグビークラブのコーチから学んだ。ミスを恐れずどんどん挑戦することで、私は以下のような成果を留学で得ることができた。地域ラグビークラブ大会2冠。ウェリントンカレッジU15s 全国大会出場、日本大使館で日本語教師を務めること

ついた力

思ったらすぐ行動する力

僕は、典型的な日本人で何かゴールを決めるとプランばかりに追われ、行動になかなかできないタイプの人間だった。しかし、ニュージーランドラグビー経験を通じて、失敗することの重要性を学んだ。失敗なんて、人生という単位で物事を考えれば、それらは失敗ではなく成功に必要な要素でしかないことに気づけた。

今後の展望

ニュージーランドでミスを恐れず行動することの素晴らしさを学んだ。今後の展開として、思いついたことが言語化できないこと。そのために①世界中でラグビーを経験、そして海外のコーチングを体感し、文化に適応する能力を得る②思いを言語化、紙に落とす。そして、2019年は再びコーチとしてニュージーランドへ行く。その後は、世界中を周り日本へ!!

留学スケジュール

2017年
9月?
2018年
3月

ニュージーランド(ウェリントン)

主な活動として、朝7時からジムに通い、英語学校に通った。また、ウェリントンライオンズと呼ばれるチームの練習観察と7人制ラグビーを Marist st pats と呼ばれるチームに所属して行なった。また、滞在先は語学学校によって決められた家族へホームステイを行なった。ホームステイ先では、今日は何をしたのかなど、毎日寝るギリギリまで会話をした。また、練習中に拾った言葉、バスの中で拾った言葉をメモし毎日ホームステイファミリーに意味やニュアンスを訪ねた。すると、英語会話力は見違えるほど成長し、ニュージーランドカルチャを体感することができた。

費用詳細

学費:納入総額

750,000 円

住居費:月額

80,000 円

生活費:月額

40,000 円

ホームステイファミリーに向けた日本食パーティー①
ホームステイファミリーに向けた日本食パーティー②
語学学校の友達と旅行中
費用詳細

学費:納入総額

750,000 円

住居費:月額

80,000 円

生活費:月額

40,000 円

2018年
3月?
2019年
8月

ニュージーランド(ウェリントン)

インターンシップを行なった。リエゾンとして、日本からの留学生の通訳や町の観光を行なった。3月は主に中学生と大学生に向けて行った。その後は、日本のトップラグビーチームからくる選手たちのために、通訳を行なった。中学生に対して通訳している際に、ウェリントンカレッジからコーチのオファーを頂いた。その後は、コーチング活動を行いつつ、自らも現地クラブチームで15人制ラグビーを行なった。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

80,000 円

生活費:月額

40,000 円

ウェリントン大会優勝時の一枚
コーチングしている時の一枚
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

80,000 円

生活費:月額

40,000 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

本当にニュージーランドの人たち全員に感謝している。どこに旅行をしていても、いつでも家族のように扱っていただいた。例えば、旅行中に崖から落石がありそれを車で乗り越えパンクした時もすぐに、周りの人たちが助けてくれた。特に、ニュージーランドの方達の中でも感謝を言い切れないのが、ホームステイファミリーだ。1年間通して、同じホストファミリーの元に暮らしていたが、彼らは車を一台貸してくれたり、僕の試合にはいつも応援に駆けつけた。夕方からは、毎日のように彼らの時間を奪いひたすら話しかけたのにも関わらず、いつも笑顔で相手をしてくれた。僕は彼らがいない留学を想像すらできない。本当に感謝しているし、大好きだ。本当の意味で人繋がりに感謝できたし、それの重要性に気づけた。

ホストファミリーのパパと
ホストファミリーママと

あなたにとって留学とは?

僕にとって、留学は自分を成長させるための手段。僕がスポーツコーチとして、選手の育成において最も重要視としていることは環境だ。人は環境を変えない限り成長は難しい。コーチング用語でコーンフォートゾーンとストレッチゾーンという言葉が存在する。主に自分の中の心の動きとして説明される。しかし、これらは、自分の中でだけ起こるのではなく、人間関係上にも起きると私は考えている。人たちは、ある人がコンフォートゾーンからはみ出そうとすると、本当に良かれと思ってその人をコンフォートゾーンに引き戻そうとする。海外に行くことは、まさにこの作用利用している。憧れた人や環境に行くことで、その人たちが持っているコンフォートゾーンへ自分を引き込んでもらう。つまり、成長できるということだ。なので僕にとって留学とは手っ取り早く成長するための手段。

サモア人にタックルされた時の一枚

留学前に英語耳を作る

  • 語学力 : 英語

語学の課題を持った方へ
方法はたった2つです。
1、留学行く3ヶ月くらい前から、週に1度日本語を見ない、聞かない、触れない、話さない日を作る。
2、寝る前と起きてすぐに英語のドラマを見たり、英文を毎日読む。
以上
英語だけの環境に馴染んでください!!!
*注意点は、意味のわからない単語は英語で調べると言うこと。または、予測する。
*文法や単語を勉強するのも英語を理解するためには重要ですが、それら方法には
問題がある。
1、微妙なニュアンスがつかめない
2、僕たちは正解を当てるだけの教育を受けているため、とても綺麗な文法を知っている。
 しかし、知らな言葉が並んでいるだけ、知らない順番で言葉が並んでいるだけで、脳が固まってしまい一歩が踏み出せなくなる。

今は、英語を話す際に英語⇆日本語と変換している時間は会話には存在しません。
なので、出発前にはしっかりと英語だけの環境に英語に慣れ、ふっと英語が頭に浮かぶくらいの状態にしておくことが重要だ!!

留学前にやっておけばよかったこと

トビタテに甘んじることなく、お金の稼ぎ方を学んでおくべきだった。お金が苦しくなったと言うわけでは
ないが、次に進むためには、どうしてもお金が必要だ。トビタテには、お金を気にせず夢に没頭してほしいと言う願いもあるとは思うが、実際トビタテは夢の第一歩。夢を叶えるためには、自らお金を稼ぐ方法や手段をも知っておく必要がある。1つ後悔があるとすれば、トビタテ前にもう少し、お金のことを学んでおくべきだった。

留学を勧める・勧めない理由

僕は留学を本当にお勧めします。お勧めしない人がいるなら理由を教えほしいくらいに......特に成長したいと思う方はお勧め。自分を変えるためには環境を変えることが一番早いから......また、今まで考えたことも、見たこともないような考えを持っている人たちに出会え、意見を交換することができる。留学前は人とと違うと不安さえも会ったが、今は違うものを求めているし、それらを知ることが楽しくなっている。

これから留学へ行く人へのメッセージ

全力で楽しんでください。「楽しいことばかりしていたら、学んでない、進んでない」と思っている人もいるようで.....しかし、楽しいという気持ちでも、十分進んでいることも多々ある。なので、「こんなに楽しくていいのかな」と思えるぐらい毎日を過ごしてください。成長するかどうかは、感情ではなく覚悟!!