留学大図鑑

おさむ

出身・在学高校:
武田高校
出身・在学校:
四国大学
出身・在学学部学科:
看護学部 看護学科
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

ぜひつながりましょう!!
私は、看護学科に所属しています。同じ看護学科の人もつながりましょう!!また、トビタテではオーストラリアへ行きました。
よろしくお願いします。

現地の肥満の対策方法を知る

留学テーマ・分野:
語学留学・英語
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • フリンダーズ大学
  • オーストラリア
  • アデレード
留学期間:
5週間
総費用:
600,000円 ・ 奨学金なし

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル<英検準2級> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

現地の肥満対策を学んで、日本の肥満への取り組みも紹介しました。
私は、徳島県の大学に通っており歴史や文化を世界に発信したいと思ったので、徳島県のものをアピールしました。徳島県の伝統的な踊りである「阿波踊り」を広めました。しかし、私はただ伝えるだけではあまりインパクトがないと思い、阿波踊りを体操にした「阿波踊り体操」を広めることにしました。「阿波踊り体操」とは、徳島県の課題である運動習慣がないことを解消するプログラムの一環として作られたものです。現在では、県内各地でお祭りのときなどには踊られていて、その体操だけの連も結成されています。この体操をすることによって運動不足が解消され、また、阿波踊りにも触れることができます。
現地のプライマリースクールへ行って教えました。はじめは、受け入れてもらうことができるのかとても不安でしたが、現地の子どもたちはとても興味を示してくれました。また、動画サイトにものっていることを紹介しました。

留学の動機

大学の先生にトビタテを受験してみないと言われたのがきっかけでした。私は、中学生のときと高校生のときに修学旅行で海外に行ったことがあり、大学生になってからも行ってみたいなと思っていました。それまで、トビタテというプロジェクトがあることは知りませんでした。しかし、私の大学にはトビタテで留学された先輩がおられたのでその人たちにもお話を聴いて、受験したいと思うようになりました。

成果

留学することでとても多くのことを学びました。
日本では体験できないことを体験することが出来ました。

ついた力

協力する力

協力する力とは、周りの人と力を合わせる力のことです。
今までは、意思疎通をうまく図ることができず、一人で悩んでいることが多かったです。しかし今回の留学で協力することによってひとりではできないことでもみんなですることによってできることを改めて学びました。

今後の展望

今後は、オーストラリアでの学びや体験を伝えていく活動をしていきたいです。また、看護学科という過密なスケジュールの学部でも留学は」可能ですと伝えたいと思っています。
また、徳島県を活性化させる活動を積極的に行なっていきたいです。

留学スケジュール

2016年
8月〜
2016年
9月

オーストラリア(アデレード)

現地の人たちに徳島県をPRする。

費用詳細

学費:納入総額

300,000 円

住居費:月額

200,000 円

生活費:月額

50,000 円

現地で阿波踊りを教えているところ

スペシャルエピソード

笑いあり、涙あり!留学中にあった、すごいエピソード

無事にインターンシップ先が見つかって紹介しているところ

現地へ行く前に、予定していたインターンシップ先の高校にいけなくなってしまいました。そして、留学期間も短かった私は、時間だけが過ぎていきました。このまま終わらせるのはもったいないと思い、必死に他のインターンシップ先を探しました。現地の先生の協力もあって帰国する一週間前に見つかりました。

言語の壁

  • 語学力 : 英語

留学をする上で、よく問題として取り上げられるのは、言語の壁です。実際私もあまり英語は話せるほうではなかったのではじめはとても苦労しました。しかし、次第にだんだんスピードにも追いつくようになり聞き取ることができるようになりました。
今では、ペンパルもでき、とても楽しく英語を使っています。

現地でのつながり

留学前にやっておけばよかったこと

留学前にもっとすることを明確化するべきだと思いました。先輩方のお話を聴いたときもそのようなことをとても言われていました。しかし、今回の留学でつめが甘かったと感じました。
何をするのか具体的にすることによってとても充実した日々を送ることができますよ!!!

留学を勧める・勧めない理由

留学は機会があるのであればするべきだと思います。日本では感じたことのない困難さを経験することによって人間的にも成長できるからです。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学先ではどんな困難が待ち受けているかわかりません。そんなときは留学前の自分を思い出してみてください!!!