留学大図鑑

S.G

出身・在学高校:
静岡県立掛川西高等学校
出身・在学校:
京都大学大学院
出身・在学学部学科:
地球環境学舎環境マネジメント専攻
在籍企業・組織:
株式会社建設技研インターナショナル

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

・新興国への留学、特に国際協力や途上国開発に関する留学について相談にのることができると思います。人のお話を聞くことが好きなので、お気軽に、FBのメッセンジャーで聞いて下さい。(面識がない方からの、FBの友達申請のみの際はお断りすることもあります)

スラムの水・衛生問題に関する研究

留学テーマ・分野:
海外インターンシップ
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • NPO JADE Bangladesh
  • バングラデシュ
  • クルナ市
留学期間:
1か月
総費用:
250,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 220,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
ベンガル語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル

留学内容

衛生問題を主な要因として毎年約76万人の乳幼児が下痢症で命を落としている。そこで、この問題を解決するために、状況が深刻なバングラデシュにて、スラムの衛生改善を進めるNPOとの共同研究を実施した。具体的には、下記2点を実施した。
①調査対象スラムの6歳~11歳の子どもが遊んでいる池の水および手のひらの大腸菌濃度の測定
②子どもが池で遊ぶ回数や池での遊び方など、子どもの行動調査
また、日本文化の紹介を目的に、日本茶の試飲会や雑紙で兜の作成などを実施した。

留学の動機

大学3年生時、私自身が下痢症で苦しんだことをきっかけに下痢症の問題に興味を持った。そこで、下痢症の大きな要因である水・衛生について学ぶために、学部時代は水処理、大学院時代は衛生問題に関する研究を実施した。そして、大学院卒業時に留学を決意した理由は下記2点である。①修士論文、またその他論文執筆のためのデータの収集②今までの研究成果を、下痢症で苦しんでいるスラム住民に伝えることで住民の行動の改善

成果

①池の水や手のひらの大腸菌濃度の測定および子どもの行動調査を通じて、子どもの大腸菌の摂取量を把握できた。
②テロ事件によって急きょ帰国し研究の機会を失ったことで、水・衛生の研究が本当にやりたいことであると実感した。

ついた力

水・衛生分野に対する情熱という力

「水・衛生分野に対する情熱という力」は、今後も水・衛生分野に関わり続けることで、途上国の下痢症で亡くなっている子どもを1人でも多く助けるという強い想いを持ち続ける力である。
現地調査を通じて、改めて途上国の水・衛生の現状の深刻さについて認識したこと、および急きょ帰国し研究の機会を失ったことで、水・衛生の研究が本当にやりたいことであると気が付いたから。

今後の展望

今後は、水・衛生の問題によって子どもが亡くなっている地域で、水・衛生の状況を改善することによって1人でも多くの子どもを助けたい。

留学スケジュール

2015年
9月〜
2015年
10月

バングラデシュ(クルナ市)

衛生問題を主な要因として毎年約76万人の乳幼児が下痢症で命を落としている。そこで、この問題を解決するために、状況が深刻なバングラデシュにて、スラムの衛生改善を進めるNPOとの共同研究を実施した。具体的には、下記2点を実施した。
①調査対象スラムの6歳~11歳の子どもが遊んでいる池の水および手のひらの大腸菌濃度の測定
②子どもが池で遊ぶ回数や池での遊び方など、子どもの行動調査
また、日本文化の紹介を目的に、日本茶の試飲会や雑紙で兜の作成などを実施した。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

池で遊ぶ子どもたち

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

スラムの子どもたち

私の調査対象はスラムの子どもだったため、特に子どもの手のひらの調査では多くの子どもに被験者になってもらった。
私の調査が成功できたのは子どもの協力のおかげで、とても感謝している。また、無邪気な子どもがとてもかわいかった。

現地での安全について

  • 生活 : 治安・安全

本来は治安の悪い国には行くべきではないと思うのですが、今日、急に治安が悪化することなどもあると思います。また、治安が相対的にいい国であっても、日本程に治安がいい国はまずありません。
合わせて、日本にはない病気が現地では流行っていることもあります。
そのため、安全対策および予防接種などはしっかり実施して欲しいです。

留学前にやっておけばよかったこと

・現地語
・研究内容についての学習(現地での時間を最大限有効活用するため)

留学を勧める・勧めない理由

日本で成し遂げたい夢があるなら必ずしも留学する必要はないと思いますが、もしまだ自分自身の夢を決めていない、または成し遂げたいことが海外でしかできないことなら留学するべきだと思います。海外という非日常の空間に自分自身を置くことで、様々なことに気付くことができます。

これから留学へ行く人へのメッセージ

1日1日を大切にして、自分自身の目標に向かって全力でがんばって下さい