留学大図鑑

タグの一致:実験 2件

ハワイで学ぶ最先端の海洋生物・海洋学

Yuki(北海道大学、東北大学)

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・農学・森林科学・水産・獣医・畜産
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ハワイ大学マノア校、ハワイ海洋生物研究所(Hawai'i Institute of Marine Biology:HIMB )
  • アメリカ合衆国
  • ホノルル
留学期間:
5ヶ月
  • ハワイ
  • 海洋生物
  • 水産
  • 海洋学
  • 遺伝
  • カレイ
  •  交換留学
  • HIMB
  • 研究者
  • 半年
  • 研究留学
  • 理系
  • ハワイ大学
  • ボランティア
  • 実験
  • フィールドワーク
  • 語学力
  • 喋ってみる
  • 自分のターン

詳細を見る

キーワードの一致:28件

コロンビア農家でフィールドワーク

むろ(東京大学大学院)

...ップに参加し、生活を垣間見る。ホームステイで一般的な家庭の生活を知る。 決断力 私の留学は圃場での実験が主な内容です。現地に指導者いない、機材も十分にないという環境の中、実験の進め方から機材の購入まで...

ハーバード関連病院のラボへのインターン

あきら(京都大学)

...ターンシッププログラムの目的としては、「DNAワークや細胞培養を含む、しかしそれに限らない基本的な実験手技を学ぶこと」でした。実際にMGHのラボに行くと初めに与えられたテーマは、膵臓がん細胞のMigr...

新規半導体製造プロセスを開発

きたのさん(金沢大学大学院)

...学院 自然科学研究科電子情報科学専攻 新規半導体製造プロセスを開発 その他のテーマ 現地の研究室で実験を行う デンマーク工科大学 スタマテ研究室 デンマーク ロスキレ 短期(3か月以内) 1ヶ月 現地...

世界的に活躍できる女医になる

kure(名古屋大学)

...プレベル大学です。私はDr.藤崎のもと、幹細胞ニッチの最先端の研究について、並びに臨床研究に必要な実験の手法について学んでまいりました。幹細胞ニッチとは要約すると幹細胞が性質を維持するために必要な場の...

身体錯覚時の脳の特徴を突きとめる!

有薗 直生(東京農工大学大学院)

...ことを目指しました。チェコでは、被験者を自分の手で集めていき、マネキンの手を自分の手と思い込ませる実験をメンタルヘルスを扱っている国立研究所で行いました。そのときの脳活動を高性能な脳波計で計測し、自分...

水素製造効率化のための要素技術開発

ちむにー(東京大学大学院)

...した。 現地では、ポスドクの方にテーマを与えられ、指導してもらいました。 初めは現地での新たな実験装置の組み立てなどに苦労し、実際の測定を開始するまでに2週間ほどかかってしまいました。しかし、一度...

紛争後の平和を創る〜NGOと国連の視点で

渡部清花(Jess)(静岡文化芸術大学/東京大学大学院)

...か」という問いは非常に難しい。 WHYが自分のなかにあり、それを探求し、解明し、勉強し、理解し、実験しに行くHOWが留学であるならば、なにも怖がらずに飛び出て行ってほしい。 そうやって、背中を押し...

新しい有機合成反応の開発

永本(京都大学大学院)

...トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 留学先の大学では安全教育が非常にきちんとしていて,実験を始める前のトレーニングに約2週間かかりました.私は留学期間が3か月と短かったので,早く実験がした...

大気汚染測定手法を学びにアイルランドへ!

ひで(京都大学大学院)

...様々なプロジェクトに関わりました。 いくつかのプロジェクトではポスドクや博士課程の学生の方の下で実験補助や物品の運搬で関わりました。空き時間には彼らからエアロゾル(※PM2.5などを含む空気中の塵)...

新たな技術を学び再生医療、病理学の発展

まる(京都工芸繊維大学)

...ンシップを行っていた。そこでは、多角体という昆虫ウイルスが作り出すタンパク質結晶を用いてさまざまな実験を行っている。現地で行っていたことは、生成の難しいタンパク質を内包した多角体の大量培養方法を学んだ...