留学大図鑑

費用 / 奨学金 35件

トビタテに挑戦

いとうだいすけ(首都大学東京/ 三重県立四日市南高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Umea University, Albino peace maker
  • タンザニア・スウェーデン
  • ウメオアリューシャ
留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)・地理学

スウェーデンとタンザニアに同時に留学するような計画だったので大学で用意されている奨学金では賄うことができなかった。そこでより支給金額が高額のトビタテ留学JAPANに応募した。選考に当たっては、留学計画に実現性を持たせること、実際に行動すること、自分のバックグラウンドをもとに明確に留学の動機と計画が結びつくように意識した。

続きを見る

留学への熱意と価値

杉下佳辰(東京工業大学/ 海城高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • スイス連邦工科大学チューリッヒ校 (ETH Zurich)
  • スイス
  • チューリッヒ
留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)・建築・土木・都市環境

留学に際して大きな問題のひとつが費用に関する問題だと思います. 留学にはやはりそれなりのお金がかかります. 私はスイスという物価の高い国への留学でしたので,とりわけ大きな問題でした. 私は留学を決意し,それまで貯めていたお金は全て留学に回そうと考えました. また,アルバイトでもらったお金も全て留学に回すことにしました. そして,最終的には留学に必要と思われるだけのお金を貯めることができました. 私は結果的にはトビタテに選抜して頂きましたが,それは自分がどれだけ本気で留学したいかという熱意を持って準備できたからこそ頂けたものにすぎず,おまけのようなものだと思っています. 最も大事なことは奨学金への準備ではなく,留学そのものに対する熱意と準備です. それを怠らなければ,奨学金のようなおまけは自然とついてくるのだと思いますし,たとえ運悪く,奨学金がもらえなかったとしても,その留学の価値は変わるものではありません.

続きを見る

トビタテの弊害

花(東京都・白百合女子大学/ 東京都白百合学園中学高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • パリ・ディドロ大学、Cours Florent、カルロボッソ演劇研修、Médiaspectacle
  • フランス
  • パリ
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・芸術・美術・音楽・デザイン・演劇

留学後、トビタテの弊害にもぶつかった。自分がしたくて選んだ演劇が、トビタテの報告書のために「しなくてはいけないこと」として映ってしまう時期があった。義務だと感じると途端に野心がしぼんだ。このまま芝居を嫌いになったらどうしようかと恐ろしかった。寮の部屋の中でぼんやりとインターネットをする日が何日もあった。どうやってそこから抜け出したのかは具体的なことは覚えていない。確か、書を捨てよ町へ出ようとばかりに、考えるのをやめて動いてみた。そうしたら春の気配がしていたから楽しくなってしまったという成り行きだった気がする。 トビタテへの注目度が高いのでトビタテの試験内容、対策、評価されたと思うことがよく語られる。しかし、トビタテも留学も一つ一つが手段であり道の途中の曲がり角だ。誰も彼もに推奨したいものではない。私が間違いなく人に勧めたいと思えるのはコメディーフランセーズやロンドンのグローブ座、そして私を太らせたフランスのワインとチーズだ。

続きを見る

協定校ではないことの難しさ

大澤 有紀(千葉大学大学院/ 埼玉県立浦和第一女子高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • リヨン第一大学 LAGEP
  • フランス
  • リヨン
留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)

私が今回滞在した先は大学の協定校ではなく、また滞在期間は3か月弱と、留学においては短い方でした。ですので民間や大学の奨学金を利用しようとしても、条件に「協定校などの滞在が単位として認められるもの」「滞在期間が9か月以上のもの」などの制限がありました。また1か月の短期滞在用では額が足りないという問題もありました。そのような中で唯一私に適していたのがトビタテでしたが、この答えに至るまでには非常に長い期間を要しました。

続きを見る

奨学金制度は意外にたくさんある!

いなお(東洋大学/ さいたま市立大宮北高校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Ecole de Management Strasbourg
  • フランス
  • ストラスブール
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・教養学(リベラルアーツ)

私は留学するにあたって、最大限の準備をすることを大切にしていました。もちろんどれだけ準備をしても、現地では苦労することは避けられないのですが、留学に行く上での覚悟みたいなものです。その中に、在籍大学と地元の留学奨学金を受給することが準備の一つにありました。留学に関する費用は全額自己負担するつもりでしたので、大学に入学してから様々な奨学金制度を調べ、この二つに調べ着きました。大学の奨学金に関しては、語学スコアとGPAが重視されるので、日々の授業を大切にしながら、語学学習も並行で行いました。一方で、地元の奨学金は、応募書類の内容が重視されたので、就職活動のESの練習だと思って、先生に添削を依頼しより質の高いものを完成させるように心がけました。結果的に二つの奨学金を戴いて留学に参加することができました。大切なのは、金銭的に厳しいからすぐに選択肢をあきらめるのではなくて、実際に調べてみたり、先輩に話を聞いてみたり、「情報を手に入れるために動く」ことだと感じました!

続きを見る

トビタテ以外の奨学金ももらっちゃおう!

飯田 友希(明治学院大学/ 東京都立新島高校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Roland Michener Public School(カナダ・オタワの公立学校)
  • カナダ
留学テーマ・分野:
海外インターンシップ

留学に行く前に、学生課に留学のサポートがないかを確認してみてください! 明治学院大学の場合、大学に認定されて留学した生徒に返済不要の奨学金20万円が支給されました。 手続きをしなければもらえなかったので、大学の奨学金制度は行く前に必ずチェックしてみてください!

続きを見る

奨学金が振り込まれない場合は

HK(琉球大学/ 沖縄県立北中城高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • 日本郵船
  • 香港
留学テーマ・分野:
海外インターンシップ

留学計画変更届を提出して、奨学金を受け取る時期が遅くなった留学生がたくさんおり、私もその学生の一人です。奨学金を必要な時期に受け取るためには、トビタテを受験する前に綿密なスケジュール調整が必要になります。しかし、ほとんどの学生が変更届を出しています。留学が始まって1か月半奨学金が受け取れなかった私は、しばらくは親にお金を借りることをせずに肉まんやリンゴを食べて生活をしていました。しかし、どうしてもお金が足りなくなったので、最終的には祖父からお金を借りて、奨学金が振り込まれるまで生活しました。どうしてもお金がない、という場合は親に頼るか祖父母に頼ることがベストだと思います。

続きを見る

早く!

みき(名古屋市立大学/ 三重県立四日市高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • 名古屋市立大学 人文社会学部 国際文化学科
  • シンガポール・タイ・フィリピン・アメリカ合衆国・イギリス
  • フィリピン・シンガポール・バンコク・ロンドン・ニューヨーク
留学テーマ・分野:
海外インターンシップ

私の留学での一番の心配がお金でした。トビタテもすぐに奨学金をくれるわけではありませんし準備にもお金がかかります。何かの不足でお金が降りないとなったら一大事なので「いつ、いくらかかるのか」「奨学金はいつ入るのか」「入金されなくなるのはどんな場合か」は常に意識し、逆算して早め早めに段取りをすることとクレジットを使って支払いを遅らせることで何とか資金面の問題をクリアしました。

続きを見る

『 トビタテ!留学JAPAN ~日本代表プログラム~ 』 に応募しよう!!

ゆぅくん(香川大学/ 広島県・修道高校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • シンガポール国立大学医学部付属病院・チェンマイ大学医学部付属病院
  • シンガポール・タイ
  • チェンマイ・シンガポール
留学テーマ・分野:
その他のテーマ

私は、文部科学省の『トビタテ!留学JAPAN ~日本代表プログラム~ 』を利用して留学しました。奨学金が目的だったのですが、それ以上に大変よい学びを得ることが出来ました。 【トビタテ!留学JAPANの奨学金以外の良いところ!】 ①応募する時に書類を作っていくので、自分の留学について、はたまた将来について考えることが出来る。 ②事前研修で自分の留学をブラッシュアップできる。そして、方向性は違えど、同じ大きな夢を持った仲間ができる! ③留学中(・前後)しんどいときがきっとやってくる。そんなときに相談してくれる仲間ができる。 ④事後研修で留学➡留学後➡将来へという流れのブラッシュアップができる ⑤ヤンググローバルリーダーになることの自覚がつく ⑥これから世界で必要とされるものごとが分かる。 などなど!!トビタテ!留学JAPANは良いところばかりです!!!

続きを見る

取捨選択

たかを(立命館アジア太平洋大学/ 神奈川県立海老名高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • New World Saigon Hotel → First Study Ho Chi Minh 校
  • ベトナム
  • ホーチミン市
留学テーマ・分野:
海外インターンシップ

私は半年が過ぎたタイミングで留学計画変更しました。国は変えず、受け入れ先を変えたのです。とても迷いました。トビタテの奨学金が打ち切られるかもしれない、一度大金(自分にとって)を得て、生活水準が上がってしまうと、それを手放したくないと思いました。でも、目先のうん十万を取り、これから先いくら払っても手に入れることのできない「経験」を捨てるのか。答えは簡単でした。変更に当たって、親、トビタテの先輩、大学の事務の方に相談に乗ってもらい、応募時の留学計画より魅力的な計画をつくりました。結果はトビタテの継続を受けることができたので、あのときの選択と行動は間違っていなかったです。

続きを見る