留学大図鑑

892件

自分から積極的に話す

じゅん(松江工業高等専門学校/ 松江工業高等専門学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ABILITY ENGLISHという語学学校
  • オーストラリア
  • シドニー
留学テーマ・分野:
語学留学・英語

私は留学前英語で話すことに苦手意識があり、シドニーで生活できるか不安だった。話さなければならない環境に自分を追い込むことが英語が一番上達するコツだと思う。ホームステイではなくシェアハウスで過ごすのが金銭的にもおすすめである。また矛盾するようであるが周囲に日本人が数人いたほうがはじめのうちは便利だと思う。銀行の口座開設や携帯の回線の契約などは一人で行くのが厳しいと思うので日本人の方を頼るほうが安心だろう。慣れてきたら誰かに頼らなくても生活できるようになるし英語でコミュニケーションをとるのが楽しくなるので初めの一か月をどう乗り切るかにかかっている。

続きを見る

伝える方法はいくらでもある

ワタナベタクト(長岡技術科学大学 大学院/ 長岡工業高等専門学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • マラヤ大学・液晶ディスプレイ研究室
  • マレーシア
  • クアラルンプール
留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)

簡単な意思の疎通は中学生レベルの英語力で対応できるが専門的な討論ではそれ以上に語彙力が求められる。そんな時でも身振り手振り、資料への書き込み等話す以外の相手に伝える手段があるということ、そしてそれが非常に有効な手段であるということを実感した。

続きを見る

一年留年しても怖くない

アキラ(法政大学/ 青森県立青森南高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • タシケント国立東洋学大学
  • ウズベキスタン
  • タシケント
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)

私は四年の夏からほぼ一年留学してきたので、今は5年生になります。学生の中には、4年で卒業できないから不安、という声をよく聞きますが、私はそんなことは全く思いません。留学した一年は決して無駄なものではないし、その期間に自分のやりたいことをしっかり見つめられる時期でもあります。私は留学中に、やっぱり進学したいと思い、大学院進学を決意しました。また、一年留学した経験を経て、海外の大学院も視野に入れております。たった一年留年したから落とすような会社は、こちらから願い下げとまで思います(留学で鍛えられた強気根性)。もっというと、トビタテ生に関わらず留学をしてきた人の進路は思っているよりも早く決まります。なので、若いうちに学生であるうちに留学に行き、広い視野と深い知識を獲得していきましょう。

続きを見る

相手の言ってることが分からなかった時の聞き返し方

Nobita(金沢大学/ 松本深志高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • レーゲンスブルク大学
  • ドイツ
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)

留学中のコミュニケーションのほとんどはドイツ語だったのですが、自分の言いたいことが伝わらないことよりも、相手の言っていることがわからないということのほうが多かったです。そういう時に、理解できるまで聞き返すべきなのか、それともそれほど重要なことではなさそうなときはわからなくても笑顔でうなずいておくべきなのかですごく悩みました。何度も同じこと聞き返すと、もういいや、ってなってしまう人も実際にいるし、会話の流れもとめてしまうし、でもわかってないのにわかったふりするはいやだし、どうしたらいいのかわからなかったです。そんな中で留学中にいろんな人と会話して気が付いたのは、聞き返すときにただ単に「もう一回言って。」というのではなくて、「それってこういう意味?」とか「もしかしてこうゆうこと?」とか「○○っていう単語がわからない」というようにできるだけ具体的に聞き返すようしたほうがスムーズに会話が続けられると思いました。

続きを見る

友人付き合い

saki( UWC ISAK JAPAN)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ブラウン大学
  • アメリカ合衆国
  • プロビデンス
留学テーマ・分野:
短期留学(3か月以内、語学・ボランティアなど各種研修含む)・専門留学(スポーツ、芸術、調理、技術等)

ソーシャライズをすることは大切だと思っていたが、金銭的に余裕のある子と出かけるとあちらこちらで買い物をし、値段の張る外食をすることになるという難しさがあった。解決方法はいたってシンプルで、自分が何を志して留学をしに来たのかを忘れないということが大切だと思う。時には、勇気を出して断ることも必要だ。

続きを見る

とにかく当たって砕ける!

みぃ(九州大学/ 福岡県立福岡高校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • スウェーデン王立工科大学
  • スウェーデン
  • ストックホルム
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)

留学仕立ての頃、英語はすごく得意というわけではなかったけれど、まあ大丈夫だろうと思っていた。けれど、留学先にはいろんな国の人がいて、すごく癖のある英語を話す人や訛りがすごい人もいっぱいいて、最初は全然聞き取れませんでした。すごく凹んだけれど、凹んでいても仕方ないので、当たって砕けろ!という思いで、何度も聞き直しながらもいろんな人と会話をしていたら、留学が終わる頃には多少の訛りなどがあってもきちんと理解できるようになりました。

続きを見る

住まい探しは現地のネットワークを利用する!

ばや(東京農工大学/ 芝浦工業大学高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • カリフォルニア大学デイビス 化学科
  • アメリカ合衆国
  • デイビス
留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)

私は留学先での住まい探しにとても苦戦しました。留学先では1〜2ヶ月の短期留学生向けか、1年間単位での貸出が一般的であり、9ヶ月間という中途半端な期間の滞在を受け入れてくれるところを見つけることができませんでした。また現地で部屋を見学し、直接話し合いした上で契約する方法が一般的でした。時差の関係もあり、日本からのメールやスカイプのみのやり取りだけでは住まいを見つけることが困難でした。そこで、留学開始から数週間は現地の斡旋企業を活用してホームステイにし、この期間中に留学先で知り合った友人から情報をもらうことで、住まい探しを行いました。現地のネットワークは強力で、すぐにステイ先を見つけ、結果的にシェアハウスすることができました。日本から住まいを見つけることが出来れば最高ですが、それが難しい場合には現地のネットワークを活用して見つける、またはすでに留学している人がいれば、その人やその友人を頼って住まいを見つけることができると思います。

続きを見る

ストレスをためないこと!

マーシャ(大阪大学/ 岸和田高校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • サンクトペテルブルク大学ジャーナリズム学部
  • ロシア
  • サンクトペテルブルク
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)

留学中は無意識のうちにストレスをため込んでしまっていることがあると思います。寮に住んでいても、ルームメイトとうまくいかないこともあるかもしれません。そんなときは、同じ留学仲間でも、日本にいる家族や友達に相談してみるのもよい方法ではないかと思います。私は友達やトビタテ留学JAPANの方が紹介してくださったメンターの方に相談することで、心が和らぎました。うまくストレスを解消することがとても大事だと思います。

続きを見る

節約

おさかべしゅう(宇都宮大学大学院/ 栃木県立大田原高等学校)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ノーザン・ブリテッシュ・コロンビア大学
  • カナダ
留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)

カナダは物価が高いが中古販売が多く、衣類や教科書等はすべて中古のものを購入し、節約することができた。

続きを見る

Whoops, looks like something went wrong.

1/1 ErrorException in Filesystem.php line 111: file_put_contents(/var/www/html/zukan/foreigner/storage/framework/sessions/iusliKLhwjJmJX1V78WqbDaqpz47PThX1luo94Mc): failed to open stream: No space left on device

  1. in Filesystem.php line 111
  2. at HandleExceptions->handleError('2', 'file_put_contents(/var/www/html/zukan/foreigner/storage/framework/sessions/iusliKLhwjJmJX1V78WqbDaqpz47PThX1luo94Mc): failed to open stream: No space left on device', '/var/www/html/zukan/foreigner/vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Filesystem/Filesystem.php', '111', array('path' => '/var/www/html/zukan/foreigner/storage/framework/sessions/iusliKLhwjJmJX1V78WqbDaqpz47PThX1luo94Mc', 'contents' => 'a:4:{s:6:"_token";s:40:"RX95wcQEOxS3ltLCVJCbyAv5YaeZQ9VMzfu01USU";s:9:"_previous";a:1:{s:3:"url";s:49:"http://54.199.174.182/zukan/search/tips/6?page=56";}s:9:"_sf2_meta";a:3:{s:1:"u";i:1539894461;s:1:"c";i:1539894461;s:1:"l";s:1:"0";}s:6:"_flash";a:2:{s:3:"old";a:0:{}s:3:"new";a:0:{}}}', 'lock' => true))
  3. at file_put_contents('/var/www/html/zukan/foreigner/storage/framework/sessions/iusliKLhwjJmJX1V78WqbDaqpz47PThX1luo94Mc', 'a:4:{s:6:"_token";s:40:"RX95wcQEOxS3ltLCVJCbyAv5YaeZQ9VMzfu01USU";s:9:"_previous";a:1:{s:3:"url";s:49:"http://54.199.174.182/zukan/search/tips/6?page=56";}s:9:"_sf2_meta";a:3:{s:1:"u";i:1539894461;s:1:"c";i:1539894461;s:1:"l";s:1:"0";}s:6:"_flash";a:2:{s:3:"old";a:0:{}s:3:"new";a:0:{}}}', '2') in Filesystem.php line 111
  4. at Filesystem->put('/var/www/html/zukan/foreigner/storage/framework/sessions/iusliKLhwjJmJX1V78WqbDaqpz47PThX1luo94Mc', 'a:4:{s:6:"_token";s:40:"RX95wcQEOxS3ltLCVJCbyAv5YaeZQ9VMzfu01USU";s:9:"_previous";a:1:{s:3:"url";s:49:"http://54.199.174.182/zukan/search/tips/6?page=56";}s:9:"_sf2_meta";a:3:{s:1:"u";i:1539894461;s:1:"c";i:1539894461;s:1:"l";s:1:"0";}s:6:"_flash";a:2:{s:3:"old";a:0:{}s:3:"new";a:0:{}}}', true) in FileSessionHandler.php line 83
  5. at FileSessionHandler->write('iusliKLhwjJmJX1V78WqbDaqpz47PThX1luo94Mc', 'a:4:{s:6:"_token";s:40:"RX95wcQEOxS3ltLCVJCbyAv5YaeZQ9VMzfu01USU";s:9:"_previous";a:1:{s:3:"url";s:49:"http://54.199.174.182/zukan/search/tips/6?page=56";}s:9:"_sf2_meta";a:3:{s:1:"u";i:1539894461;s:1:"c";i:1539894461;s:1:"l";s:1:"0";}s:6:"_flash";a:2:{s:3:"old";a:0:{}s:3:"new";a:0:{}}}') in Store.php line 263
  6. at Store->save() in StartSession.php line 88
  7. at StartSession->terminate(object(Request), object(Response)) in Kernel.php line 177
  8. at Kernel->terminate(object(Request), object(Response)) in index.php line 58