留学大図鑑

単位・留年 16件

  • 課題の種類

    閉じる

  • 詳しい分野

    閉じる

    語学力

    費用

    単位・留年

    周囲の説得

    留学先探し

    住まい探し

    生活

    帰国後の進路

休学しよう

ぽんち(慶應義塾大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • The University of Hong Kong, Faculty of Business and Economics
  • 香港
  • 香港
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・経済・商・観光

人生長いことを考えれば、1年伸ばしてもいいんじゃないかな、というのが個人的な意見。モラトリアムを楽しもう。

続きを見る

医学生の臨床留学

よも(金沢大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • コーネル大学ウィールコーネルメディカルカレッジ
  • アメリカ合衆国
  • ニューヨーク
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・医療・歯学・薬学・保健・リハビリ・スポーツ学

一般的に医歯薬系の学部では、留学中の単位互換をできないことが多いようです。さらに医学部では座学に加えて実習なども詰まっていることから、なかなか留学のチャンスがなく、単位と時期という2つの問題に悩まされます。私は将来的にアメリカで医師をやりたいと思っていたため、学生のうちにアメリカでエレクティブをすることが必須でした。エレクティブは最終学年であることが条件のため医学部6年生のどこかで留学をしなくてはなりません。私の場合は、6年生春の自由選択の期間を利用して留学しました。しかし私の所属する大学では、この自由選択期間中は大学の各診療科ないしは関連病院で実習をすることが前提であり、留学という選択肢は大学が提供するプログラムに参加する以外はありませんでした。大学の提供する留学プログラムは提携を結んでいる大学との学生交流という意味合いが強く、残念ながらエレクティブのようにアメリカでの臨床教育を受けたという証拠となるようなプログラムはありませんでした。そこで自分でエレクティブを探しながら実際に留学された先輩の協力も頂いてコーネルでのエレクティブのチャンスを掴むことができました。その後は各診療科の先生にお願いし、その科で実習をしながら、その一環として留学するという形で留学をさせて頂き、なんとか単位互換と時期という2つの問題を乗り越えることができました。大学の制度上では難しい場合でも学生の海外経験を後押しして下さる先生方もいらっしゃいます。もちろん自分勝手なお願いは失礼ですが、熱い想いを伝えることで先生方からサポートして頂けることもあるので、一人で悩まず先生方にサポートを仰ぐことも大切です。

続きを見る

4年卒業?まだそれが普通だと思ってる?

エリカ(東京外国語大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • 東京コンサルティングファーム
  • カンボジア
  • プノンペン
留学テーマ・分野:
海外インターンシップ

海外長期留学ともなると、休学、留年の壁がまずやってきますが、「4年で卒業してあたりまえ」なんて考えはもう”遅れてる”と私は思います。しかし、休学して留学したとしても「無駄な時間を過ごした」という結果になるのなら、休学も留学もせず、4年で卒業するべきでしょう。休学すること、留学することを通して自分が自信を持って「成長できる」「プラスになる」と言えるのであれば、休学をためらうことはないと思います。少なくとも、私の周りで休学して留学したことを後悔している人は一人もいません。

続きを見る

事前準備が何よりも重要

YUI(筑波大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • マサチューセッツ州立大学アマースト校
  • アメリカ合衆国
  • アマースト
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・法律・政治・国際関係学

単位互換は交換留学生にとって進級等が関わってくる非常に重要な問題だと思います。この単位互換を円滑に行うために何よりも重要なことは、入念な事前準備です。出国前に、①自分の大学で残り必要な単位と留学先で履修予定の単位の参照、②自分の大学の単位互換条件、の2つを十分にチェックしてから留学することをおすすめします。このステップを踏むことで、留学中に帰国後に単位互換申請に必要な書類を集めることや、単位互換を念頭においた履修を組むことが出来ます。

続きを見る

単位互換をもちいて留年回避

じゅんいちろう(九州大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ミュンヘン工科大学 内燃機関研究室
  • ドイツ
  • ミュンヘン
留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)・工学(機械・航空・宇宙・海洋・物質・材料・化学・医療・情報・画像・電気電子)

交換留学制度を用いて留学した場合、単位互換制度を用いると理系学生でも大学院生で一年以内の留学ならば、留年なしで卒業することができると思う。

続きを見る

留学で何かを諦めない

まりこ(千葉大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • University of the Philippines Los Banos, College of Arts and Sciences, Institute of Biological Sciences
  • フィリピン
  • ロスバニョス
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・農学・森林科学・水産・獣医・畜産

少しネガティブなタイトルになってしまいましたが、何かを理由に長期留学を諦める人はたくさんいると思います。それと同じで長期留学で何かを諦める人もいると思います。私ができるアドバイスは、大学4年生で1年留学をしても同期と同じ年に卒業することを諦めないということです。もちろん1年延ばすことを否定しているわけではありません。もし自分が大学を4年間で卒業したいと思っているのならば留学を理由にそれを諦めないでほしい、ということです。特に大学院に進学する予定の方は就職活動のように長期には及ばず、大学院入試は2日で終わってしまうので、準備等をしっかりすれば難しいことではないと思います。そのためには卒業論文を留学先でやることは必須です。日本にいるときはとてもハードルが高いように聞こえますが、1年大学卒業を延長して留学することで得られることがあるように、少し厳しいスケジュールになったとしても得るものはたくさんあります。そのためには、研究室の先生の協力を仰ぐこと、留学先で自分の専攻の卒業研究のアドバイスをしてくださる担当教員を見つけておくこと、大学院の研究室訪問を済ませ、入試に必要な書類・日程を確認しておくこと(一時帰国の飛行機の手配や、過去問題、願書など)、提出書類に関して家族の協力を仰ぐことが必要になります。また留学してからすぐ卒業になるため、単位は全て取得してからか、単位互換制度もしっかり確認することが大切です。

続きを見る

休学することに対する不安

山口諒真(佐賀大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • NPO法人ジャパンハート
  • ミャンマー
  • ヤンゴンマンダレー
留学テーマ・分野:
海外インターンシップ

休学して留学/海外インターンに行くことに不安を感じている人は多いのではないでしょうか?ほかでもない僕自身も休学することに対して漠然とした不安を感じていたひとりでした。 なぜ休学に対して“漠然とした”不安があったのか考えてみます。 ① 周りの友人たちと学年がずれてしまう。 ② 休学してチャレンジしている人が周りにいない。 ③ 自分に自信がなく将来がなんとなく不安。 今になって考えてみると、具体的な不安ではなく、漠然とした不安だったことが分かります。すべての不安が漠然としたものであり、よくよく考えてみると自分に本当にやりたいことにチャレンジするためのリスクと考えるとどれも些細なものです。実際に休学して海外インターンを経験したことで、残りの大学生活の過ごし方も変わりましたし、僕自身に関しては人生の大きな転機になりました。 もしいま自分のやりたいことがあって休学を検討している方がおられるとしたらなぜ不安を感じているのかを考えてみるのもいいかもしれないですね。最終的には自分の決断で決めた選択がもっとも良いものだと思います!

続きを見る

本当に4年で卒業しなければいけないの?

える(大阪大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • サンクトペテルブルグ大学言語学部
  • ロシア
  • サンクトペテルブルク
留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)・人類学・言語学・歴史学・社会学・国際文化

よく留学相談を受けるときに「留学しても4年で卒業できますか」と聞かれることがあるが、私は4年で卒業することを考えてなかったから、交換留学で単位をバッチリとってきたけれど「できるかもしれないが私は5年行く」と答える。卒業ができるかできないかは学校や学部のシステムによっても違うから、先生や先輩に聞いて単位とかのことを把握しなければならないし、帰ってからの就活が気になるならそれも事前に自分がどういう就活をしていくのか考えて、調査してみるべき。私の経験と周りで見てきた人たちの結果を言うと、私は留学に行ったことでいろいろな価値観を知って、勉強に対しても働くことに対しても見方ががらりと変わったので、留学後帰ってきてからすぐに就活もできなかったし、学びたいことがまだまだ増えたので、そのまま卒業するのはもったいないと思った。周りでは留学後期から就活を始める人もいたが、軸も定まらずとりあえずの就活をしていたため、結局みんなうまくいかずまた来年チャレンジすることにしていた。他のトビタテ生はやはりしたいことが明確に決まっているからだろうか、割と帰国後に就活を初めてすぐにうまく内定を取っていたりしたが。でもやっぱり私は卒業を4年ですることにこだわる必要はないと思う。特に3年生から留学を開始して4年生で帰ってきてそのまま卒業はもったいない。きっと留学中に勉強不足で悔しい思いもするし、新しく学んでみたいことも見つかるし、ある程度言語も堪能になって帰ってくるからやっとここから本当に勉強できるようになると思うからだ。もちろん少しでも早く社会に出てみることも大事だが、学生しかできないこともたくさんあって、それは取り戻すのは難しい。多くの社会人とも話す機会があったが、ほとんどすべての人がもっと大学時代にしかできないことをやっていればよかった、と語っていた。周りの大人の圧力に負けず、最後は自分で決めてほしい。

続きを見る

自分の軸を大切に。

吉開 祐貴(九州工業大学大学院生命体工学研究科)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • マレーシア・JICA・プトラ大学、アメリカ・ペンシルベニア州立大学
  • マレーシア・アメリカ合衆国
  • クアラルンプールペンシルベニア
留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)・理学・数学・物理・化学・生物・地学

就活のために何かをする。みたいな人をよく見かけますが、本当にそれが自分のしたいことなのか、常にどんな行動にも理由を探して、自分の軸を意識して生きていくことをお勧めします。僕は、大学院に飛び級入学し、学士を持っていませんが、大学院も中退します。いわゆる高卒です。僕には理由があって、そのような決断をとりましたし、自分で納得した上で、今本当に必要なことは何かを常に考えて生きています。高卒ですが、就活もまったく問題ありませんでした。就活のために何かをするのであっても、それに理由がなければ意味がないし、自分としても楽しくないと思います。まだ、何もなしていないので偉そうなことは言えませんが、最高の人生ですし、これからくる未来にワクワクしています。

続きを見る

人と違うかもしれないけど

さくら(富山大学)

留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ナンシー市役所・ロレーヌ大学フランス語学院
  • パラグアイ・フランス
  • ナンシー
留学テーマ・分野:
海外インターンシップ

私の大学では留学に行く人が多くありません。なので、身の回りに留学する人も、ましてや休学する人もいません。 なので、卒業が1年遅れるということが、私にとってとても心配でした。そのような経験をした人が身近にいなかったからです。しかし、いざ留学してみると、現地で出会った日本人留学生の殆どが自分と同じ状況で、「あ、一人じゃないんや」と思いました。小さなコミュニティの中では一人かもしれないけど、実際は自分の仲間が世界中にいると思えば不安が一気に吹っ飛びました!

続きを見る