留学大図鑑

てにぽれ

出身・在学高校:
開邦
出身・在学校:
神戸大学
出身・在学学部学科:
経済学部
在籍企業・組織:

ピッツバーグから産業振興を学ぶ!

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ピッツバーグ大学 Arts & Sciences
  • アメリカ合衆国
留学期間:
8ヶ月
総費用:
1,000,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,480,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル<TOEIC798> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

ピッツバーグは鉄鋼産業からITや医療等に産業転換を行い、産業振興に成功した街で、その産業転換の要素を学びにピッツバーグへ留学した。具体的には、留学先の大学で経済学やコンピューターサイエンス等を学ぶ傍、学生の専攻を調査したり、ピッツバーグ大学のイノベーションに対する取り組みについて学んだ。また、企業側の意見を聞くために、企業にインタビューも行った。
結果として、ピッツバーグ大学はイノベーションを育むために、専攻の違う学生をうまくミックスするような制度や、環境を持っていることがわかった。また、企業側も、お互いにメリットがある形で大学と産学連携を図っていることがわかった。

留学の動機

生まれてから、日本が経済的に元気な姿をみていないため、ピッツバーグで学んだ経験や知識を生かして、日本の経済に貢献したいと思ったから。

成果

留学を通して、自分が学びたかった分野の経験や知識を学ぶことができた。加えて、留学という苦しい環境の中で試行錯誤しながら目的達成のために色々な方法を試し、自分なりの成功体験を積み重ねることができた。

ついた力

スポンジ力

留学という厳しい環境の中では自分のこれまでの方法ではうまくいかないことも多い。周りの様々な人のやり方を真似てスポンジのように吸収することで、これまでとは違う環境に適応した自分になることができるという点で、スポンジ力というワードにした。

今後の展望

今後は、留学で学んだ経験を忘れず、まずは卒業後自分が飛び込むフィールドで成功を収めたい。日本の経済に貢献したいという留学の情熱を忘れることなく、社会に与える影響力が大きくなったときに留学で得たものをフルに活用していきたい。

留学スケジュール

2016年
8月〜
2017年
4月

アメリカ合衆国(ピッツバーグ)

ピッツバーグで8ヶ月間、学校で金融やITについて学びながら現地の学生や、企業にインタビューを行っていた。具体的には、同じコンピューターサイエンスの授業をとっている学生の専攻やダブルメジャー有無等を調べた。また、シアトルにも行き、企業にもインタビューを行った。
調べた結果、ピッツバーグ大学のイノベーションへの取り組みや学生の専攻の嗜好が日本と違うことがわかり、イノベーションを生み出せる生み出せないの違いが少し見えた気がした。今までは、自分のやり方に固執することが多く、それにこだわっていると調査がうまくいかないことも多く、いろんなやり方を試すようになって調査も学業もうまくいくようになった。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ピッツバーグの発展を見つめる
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

就活にも効いた!留学経験

留学中にボストンキャリアフォーラムにも参加した。その専攻の中で、自分が今何をやっているのかを尋ねられる場面があった。そんな時も、トビタテ留学JAPANでやりたかった研究ができていたため、その経験について生き生きと話すことができて、面接官の方にも興味をもってもらうことができた。
 面接を受けていた時期は、アメリカの学校でもあまりうまくいってない時期で、試行錯誤を続けていた期間でもあった。そのような苦しい経験、その中で自分が何を考えて今工夫しているかを話すことで就活もうまくいって、内定をもらうことができました。
 留学をとことん突き詰めると、それ自体が面白いエピソードにもなって就活でも話しやすかった。

ドッグタグ(死ぬ気で頑張った)

モチベーションを維持しよう!

  • 語学力 : 英語

留学を通じて、英語が上達するためには、モチベーションの維持が必要不可欠だと感じた。例えば、モチベーションが高いと積極的に話しかけて行っておのずと上達するし、逆にモチベーションが低いと消極的になってしまって成長スピードも鈍ると思う。その中で、モチベーションを維持するために必要な能力がリスニングの力だと感じた。しゃべることがあまりできなくても、相手が言っていることを理解することができれば、つたない英語でも自分の考えを的確に答えることができて、会話が弾む。そうすれば、自分が喋れている、コミュニケーションが取れている!と自信がつく。そうすれば積極的にもなれて、英語も気づいたら上手くなっている気がする。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学に迷っているなら是非行って欲しいです。留学前に色々とあれこれ考えるけれど、留学中は予想もしていなかったことが次々と起こります。その不確実な要素達は後で思い返してみると非常に良い思い出だったり、あなたの大きな成長の要因になっています。もし、何か留学先で学びたいことがあるんだったら思い切って飛び出してみると良いと思います。絶対に生涯大切な何かが得られます。