留学大図鑑

さや

出身・在学高校:
熊本県立濟々黌高等学校
出身・在学校:
熊本大学、熊本大学大学院
出身・在学学部学科:
自然科学研究科
在籍企業・組織:

研究者としての第1歩を踏み出す

留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)・工学(機械・航空・宇宙・海洋・物質・材料・化学・医療・情報・画像・電気電子)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • バリャドリッド大学 化学工学専攻 高圧グループ
  • スペイン
  • バリャドリッド
留学期間:
3カ月
総費用:
800,000円 ・ 奨学金なし

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル<TOEIC650点> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

バリャドリッド大学では、ブドウの絞り粕からポリフェノールを抽出する研究が盛んに行われていたため、より設備の整ったスペインの研究室に所属して抽出に関する研究を行った。研究試料として日本の特産物であるシークワーサーの絞り粕を用い、同じ装置でどれだけ抽出できるか検討を行った。また、PhDと共に研究者としての基礎を身に着けた。新たな装置の使い方や、新たな分析方法を学んだ。週に一度の研究進捗発表の場で英語でディスカッションを行った。また、国際学会で発表することによって、自分の語学力の向上を確かめた。

留学の動機

大学の教授に勧められたから。また、海外に行ったら自分が成長できるのではないかと思ったから。

成果

研究者として基礎的なことが身についた。日本でやっていた手法が海外では通じなかったり、当たり前のことをより深く学ぶことができた。また、研究室でのディスカッションや、国際学会での発表など英語を使って表現する場がたくさんあったので、語学力とプレゼンテーション能力が上がった。

ついた力

行動力、話す力

英語があまり通じないスペインでは友達を作ることが難しかったが、自分からイベントに参加することによって、友達ができた。

今後の展望

理系の留学生を増やすため、エヴァンジェリスト活動をやっていきたい。理系だから語学に自信がない人でも行けばなんとかなることを伝えていきたい。留学前は日本が一番だと思っていたが、がらりと考え方が変わった。グローバルに働ける職に就きたいと思うようになった。


留学スケジュール

2016年
9月〜
2016年
11月

スペイン(バリャドリッド)

PhDと共に研究者としての基礎を身に着けた。新たな装置の使い方や、新たな分析方法を学んだ。週に一度の研究進捗発表の場で英語でディスカッションを行った。また、国際学会で発表することによって、自分の語学力の向上を確かめた。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

国際学会
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

イベントで出会った中国人の女の子たちがとても優しくしてくれた。街中ではスペイン語が行きかい、買い物もままならない時に通訳をしてくれたり、とても助けられた。今でも定期的に連絡を取り合っている。

ポットラックパーティー

よくある場面を想像してよく使える表現を覚える

  • 語学力 : 英語

毎日朝から夕方まで研究をしており、語学の授業も受けていなかったため、短時間で習得せざるを得なかった。よくあるう場面ごとに想像して使う表現をそのまま覚えた。

留学前にやっておけばよかったこと

語学の勉強。英語はもちろんスペイン語も。

留学を勧める・勧めない理由

自分ひとりで行動するため、自信がつく!また、海外で暮らすことで日本との違いや同じところ、いろんなことに気付ける。そして自分の将来へのビジョンが変わったりするので、留学を勧める。

これから留学へ行く人へのメッセージ

不安な人は、しっかり準備していけば大丈夫!あとは、人間なんとかなります。行けば、絶対楽しいです!